人間以上の記憶力、類人猿の優れた知能

2011.08.08
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
チンパンジーの「アユム」が、タッチスクリーン上に一瞬だけ表示される数字を記憶するテストに臨んでいる(2007年撮影)。京都大学霊長類研究所は、若いチンパンジーと人間の大人(どちらも複数)を対象に、短期記憶を競うテスト(瞬間的に対象物を記憶する課題)を2種類実施した。結果はチンパンジー側が勝利を収めたという。

Photograph by Tetsuro Matsuzawa, Primate Research Institute via Kyoto/AP
 チンパンジーの「アユム」が、タッチスクリーン上に一瞬だけ表示される数字を記憶するテストに臨んでいる(2007年撮影)。 京都大学霊長類研究所は、若いチンパンジーと人間の大人(どちらも複数)を対象に、短期記憶を競うテスト(瞬間的に対象物を記憶する課題)を2種類実施した。結果はチンパンジー側が勝利を収めたという。

「人間の認知能力はチンパンジーよりもすべての面で優れている…。専門家も含め、多くの人々が信じていた定説が覆った」と、京都大学の松沢哲郎氏は2007年にAP通信へ語った。

 同氏はチンパンジーの知能研究のパイオニアだが、「こんなに優れているとは意外だ」と驚きを隠さない。

 アフリカ、コンゴ共和国の野生生物保護協会(WCS)に所属するトーマス・ブルーア氏も、「瞬間的な記憶力は類人猿の方が優れている。記憶する脳の働きが人間とは異なっており、ずっと高速だ」と述べている。

Photograph by Tetsuro Matsuzawa, Primate Research Institute via Kyoto/AP
  • このエントリーをはてなブックマークに追加