初飛行、スペースシャトルの記憶

2011.07.19
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
1981年3月5日、アメリカ、フロリダ州ケネディ宇宙センターの発射台に到着したスペースシャトル「コロンビア」。同年4月12日、30年に及んだスペースシャトルの記念すべき初飛行ミッション「STS-1」が幕を開けた。

Photograph courtesy NASA
 1981年3月5日、アメリカ、フロリダ州ケネディ宇宙センターの発射台に到着したスペースシャトル「コロンビア」。同年4月12日、30年に及んだスペースシャトルの記念すべき初飛行ミッション「STS-1」が幕を開けた。 このフライトでは、巨大な外部燃料タンクが白く塗装されていた。太陽光を遮断して温度上昇を防ぐためだが、NASAが最初の2回の打ち上げデータを分析した結果、オレンジ色の断熱材を露出させても安全性に問題はないと判明。塗装を省略して総重量から約272キロの削減に成功した。

Photograph courtesy NASA
  • このエントリーをはてなブックマークに追加