ビリーチヌーク湖、米自然ランドマーク

2011.06.29
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アメリカ内務省のケン・サラザール長官は今月、国定自然ランドマーク(national natural landmark)として新たに6地区が指定されたと発表した。オレゴン州中部のビリーチヌーク湖(Lake Billy Chinook)は、そのうちの1つ“ジ・アイランド(The Island)”の中にある。

Photograph by Buddy Mays, Alamy
 アメリカ内務省のケン・サラザール長官は今月、国定自然ランドマーク(national natural landmark)として新たに6地区が指定されたと発表した。オレゴン州中部のビリーチヌーク湖(Lake Billy Chinook)は、そのうちの1つ“ジ・アイランド(The Island)”の中にある。 サラザール長官は声明で、「オバマ大統領のグレート・アウトドア(Great Outdoors)計画の主な目的の1つは、21世紀のための自然保護の価値観を形成することにある」と述べた。

「アリゾナ州、コロラド州、オレゴン州、ワシントン州にあるこうした優れた地域を自然ランドマークに指定することで、アメリカを真に美しい国にしてくれているこれら荘厳な土地の安定を図ることができ、未来の世代に遺していく一助となる」。

 ジ・アイランドは、デシュート川とクルックト川の合流点にある広さ84ヘクタールの孤立した高原。ビャクシンの生える草原が広がるこの地域は、コロンビア高原の中でもそのような自然が最も手つかずの状態で残されており、よく知られた場所だ。

 内務省土地管理局(BLM)の説明によると、コロンビア高原はワシントン州からオレゴン州、アイダホ州、ネバダ州、さらにはカリフォルニア州北東部の一部にまで広がる乾燥した草原地帯だ。ジ・アイランドは、BLMと米国森林局が共同で管理することになっている。

Photograph by Buddy Mays, Alamy
  • このエントリーをはてなブックマークに追加