「ユダの福音書」の持つ意味

2011.06.27
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
1970年前にエジプトで発見された「ユダの福音書」写本。1700年以上前に書かれたものと見られる。

Photograph by Kenneth Garrett/NGS
 イスカリオテのユダはイエス・キリストを裏切った悪者か、それともキリストの指示に忠実に従っていた信者だったのか。その答えは今もまだ解き明かされていない。 1700年間、表舞台から姿を消していたユダの福音書が修復・公開されてから5年。写本の鑑定と修復・翻訳プロジェクトは、ウェイト歴史的発見研究所、マエケナス古美術財団とともにナショナル ジオグラフィック協会の支援で行われ、修復写本の初公開も2006年4月にワシントンD.C.の協会本部で行われた。

 新約聖書によれば、イスカリオテのユダはイエス・キリストを裏切ったとされる人物だ。ユダは銀貨30枚と引き換えにイエスを官憲に売り渡したとされる。しかし、実際ところユダについての記述はあまり多く残っていない。

 イエスの死後、初期キリスト教の時代には、様々な教えを説く福音書が存在した。新約聖書に収められているのは、その中で「正典」と認められた、マルコ、マタイ、ルカ、ヨハネの4つの福音書のみである。この4つの福音書が正典と認められたのは、西暦150~200年頃だと言われる。この動きに特に積極的だったのが、教会の司教でありユダの福音書を「偽りの歴史」と厳しく批判したエイレナイオスであった。当時キリスト教の教えは一つではなく、様々な福音書が存在し、正統派教会もその中の一グループに過ぎなかった。

 ユダの福音書は、正統派教会に弾圧されたグノーシス派の教義の一つであったと考えられている。グノーシス派は教会から異端とされ、残っている資料はごくわずかだ。4つの正典派とユダの福音書を初めとするグノーシス派には、その教義に大きな違いが存在していた。

 グノーシスという言葉は、ギリシャ語で「知識」を意味する。グノーシス派の教義は知識を通して救済の道を示そうとするものだ。知識といっても、本から得られる知識のことではなく、自己の本質を知ることで、神を認識することができると考え方であった。これは「神の子であるイエスだけが、人間であると同時に神でもある」とする教会の立場と真っ向から対立する。つまり、神の声を仲介する教会の聖職者の必要性に疑問符を付きつけたのだ。

 グノーシス派の福音書はほとんどがその後の弾圧によって破棄されたが、1945年、考古学史上を揺るがす驚くべき発見があった。それがナグ・ハマディ文書の発見だ。

 ナグ・ハマディはエジプト南部にある小さな村で、そこにあった修道院の遺跡から、膨大な量のコプト語で書かれたパピルス写本が発見された。発見された写本のほとんどはグノーシス派の教義について書かれた文書であり、これによって初期キリスト教の研究は飛躍的に進んだ。この文書の考古学的価値は、1947年に発見された死海文書に匹敵するとも言われる。

 ユダの福音書が書かれたのは、約1700年前だと考えられている。この写本は1970年代にエジプトのミニヤー県付近の砂漠で発見された。ユダの福音書は全66ページに上り、ナグ・ハマディ文書と同じコプト語のパピルス文書として残されている。

 そこに書かれていたユダの記述は、新約聖書に書かれていることとは大きく食い違う。その内容があまりに衝撃的なため、発見当時は捏造を疑う声もあり、写本発見から20年以上も買い手がつかない状態が続いた。その間にも文書の劣化は進み、2002年に復元作業に着手したときには、文書は崩壊寸前の状態となっていた。

 ユダの福音書によれば、イエスの真の教えを理解しているのはユダだけであり、イエスに最も信頼されていた信徒でもあった。イエスはユダを他の使徒よりも一段上の存在だと考え、皆を導いていくのは彼の仕事だと語っている。

 そして、「お前は、真の私を包むこの肉体を犠牲とし、すべての弟子たちを超える存在になるだろう」と話し、イエスから物質である肉体を取り除くことによって、内なる真の自己、つまり神の本質を解放するように言うのであった。これは、グノーシス派の典型的な考え方であり、肉体は牢獄で、その牢獄からイエスを解き放ったのがユダであったことを表している。

 また、イエスを売り渡したことでさえ、イエスの言葉に従ったからに過ぎないという記述も存在する。イエスは、ユダが他のすべての使徒たちの非難の的となるだろうという言葉も残している。

 なぜユダに関する記述がこれほどまでに違うのか、そこには初期キリスト教会のユダヤ教の一分派を脱却したいという意図が見え隠れする。その過程において、ユダ=ユダヤ人として描き、イエス処刑の責任をユダヤ民族に負わせることが教会にとって都合が良かったのだ。その傾向は時代を追うに連れ強まっており、福音書の中で最初に書かれたとされるマルコ福音書からヨハネの福音書にいたるに連れ、ユダの邪悪性は増していく。

 福音書には、12人の使徒の名前が付けられているが、その作者は明確ではなく、現在正典として認められている4つの福音書でさえ、その作者は不明の状態だ。しかし、はっきりしていることは、初期のキリスト教では、多様な福音書が読まれ、その教義もさまざまであったということだ。ユダの福音書はキリスト教の発展の道筋を知る重要な資料であり、この発見によって、新約聖書に収められた正典福音書の内容に対する理解がさらに進む可能性があると言える。

Photograph by Kenneth Garrett/NGS
  • このエントリーをはてなブックマークに追加