謎が深まる建造目的、第2の太陽の船

2011.06.27
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
エジプト中部、古代遺跡アビドスの寺院壁面にエッチングされた、夜明けの空に浮かぶエジプト神話の船(資料写真)。カイロ郊外ギーザの大ピラミッド付近で発見された「太陽の船」のデザインは、壁画などから着想を得た可能性が高い。エジプト最高考古庁の事務局長で、ナショナル ジオグラフィック協会付き探検家のザヒ・ハワス氏によると、太陽の船は通常の船と同じ大きさで、そのオールは太陽神ラーが使う武器を表しているという。

Photograph by Kenneth Garrett, National Geographic
 エジプト中部、古代遺跡アビドスの寺院壁面にエッチングされた、夜明けの空に浮かぶエジプト神話の船(資料写真)。カイロ郊外ギーザの大ピラミッド付近で発見された「太陽の船」のデザインは、壁画などから着想を得た可能性が高い。 エジプト最高考古庁の事務局長で、ナショナル ジオグラフィック協会付き探検家のザヒ・ハワス氏によると、太陽の船は通常の船と同じ大きさで、そのオールは太陽神ラーが使う武器を表しているという。

 古代エジプトのファラオ、クフ王の葬儀で、遺体を乗せてナイル川を渡ったという説がある。しかしハワス氏は、帆がない太陽の船が水に浮かべられることはなかったと主張している。

Photograph by Kenneth Garrett, National Geographic
  • このエントリーをはてなブックマークに追加