メコンオオナマズ、ダム建設で危機

2011.03.31
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
タイ人の漁師2人が披露しているのは、タイ北部で2005年に捕獲されたメコンオオナマズ。重さ293キロという巨大ぶりだ。メコン川の主流でラオスが建設を計画しているサイニャブーリーダムが完成した場合、多数の淡水魚類の回遊ルートが妨げられ、41種の魚類が絶滅の危機に瀕するとして、生物学者からは警告の声があがっている。この中には現時点でも絶滅危惧IA類(絶滅寸前)に指定されているメコンオオナマズが含まれる。

Photograph by Suthep Kritsanavarin, WWF/NGS via AP
 タイ人の漁師2人が披露しているのは、タイ北部で2005年に捕獲されたメコンオオナマズ。重さ293キロという巨大ぶりだ。 メコン川の主流でラオスが建設を計画しているサイニャブーリーダムが完成した場合、多数の淡水魚類の回遊ルートが妨げられ、41種の魚類が絶滅の危機に瀕するとして、生物学者からは警告の声があがっている。この中には現時点でも絶滅危惧IA類(絶滅寸前)に指定されているメコンオオナマズが含まれる。

Photograph by Suthep Kritsanavarin, WWF/NGS via AP
  • このエントリーをはてなブックマークに追加