ヒトのペニスにはトゲがあった?

2011.03.10
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
樹の上でうなり声を上げるオスのチンパンジー(資料写真)。

Photograph by Michael Nichols, National Geographic
 ヒトゲノムの新たな分析によると、かつて男性のペニスにはトゲがあったが、トゲに関わるDNAコードが進化の過程で失われたという。ペニスのトゲは現存する動物にも見られ、通常はケラチン質(硬組織の一種)の小さな突起が外側に並んでいる。遺伝子解析によると、約600万年前に生息していたチンパンジーとヒトの共通祖先にはトゲがあった。 共同研究者でカリフォルニア州にあるスタンフォード大学の発生生物学者ジル・ベジェラーノ氏は、「このトゲのコードは、約70万年前に共通祖先が現生人類と旧人であるネアンデルタール人に分岐する前に失われた」と話す。

 同氏のチームでは、現存するチンパンジーや絶滅したネアンデルタール人などのゲノムをヒトゲノムと比較し、ヒトの進化過程で少なくとも510個のDNAが失われたことを発見した。

 DNAの消失は、脳のサイズの増大や洞毛(ネコのヒゲのような感覚器官)の退化など、ヒトの体にさまざまな変化をもたらした。「ペニスのトゲのほかにも、興味深い変化が500カ所は起きていると考えられる」とベジェラーノ氏は言う。

 DNAの消失は細胞の突然変異による珍しい現象だが、それによって遺伝子の機能全体が妨害されるわけではない。

 共同研究者で同じくスタンフォード大学のデイビッド・キングズリー氏はこう説明する。「たくさんのスイッチで制御される電球のようなものだ。電球を壊したら明かりはつかなくなるが、スイッチを1つ取り外しても電気の入口が1カ所変化するだけだ。その部分には影響があるかもしれないが、他のスイッチの機能は保たれている」。

 ベジェラーノ氏は、「DNA配列の小さな変化が、脳のような複雑な器官の精巧な構造へとつながっている可能性がある。それが論文の主要テーマの1つだ」と強調する。

 イギリス、シェフィールド大学のロンダ・スヌーク氏は今回の研究に関与していないが、ベジェラーノ氏らの仮説について、「ペニスに関する“刺激的な”発見と同じぐらい興味深い」と話す。「“スイッチ”を1つ失ってもたいしたことはないように思えるが、小さな変化が祖先からの器官の発達に大きな影響を与えている可能性は十分にある」。

 例えば、遺伝子のわずかな変化によって、ヒトのペニスは徐々に滑らかでシンプルな形になった。

 ヒトには余計な“装置”が不要になったのかもしれない。例えば、ネコなどの現存動物は、メスの体内で精子の競争が激しい場合、自分の精子が受精する可能性を高めるためにペニスのトゲを利用している。トゲの刺激で交尾後のメスの発情を抑制し、他のオスの精子が受精する機会を阻止するのだ。

「だが現生人類の女性は大部分が一人の男性を相手としており、女性の体内で受精の競争が行われる瞬間に男性は安心していられる。女性と長期間の関係を築いているからね」とキングズリー氏は解説する。

 これに対し、精子の形と機能の進化を研究しているスヌーク氏は、「ペニスのトゲの退化と一夫一婦制を結び付ける仮説はまだ根拠が弱い。系統解析を行って、多様な種でペニスのトゲの有無を長期間にわたり比較すれば、さらに解明できるだろう」と話す。

 このような高度なDNA解析は、ヒトゲノムの解読が完了した10年ほど前から可能になった。「私たちは、進化の詳細を解明できる驚異的な手段を手に入れたばかりだ」とスヌーク氏は指摘する。

 共同研究者のキングズリー氏は、「現生人類や近縁種の完全なゲノム配列を手に入れた素晴らしい時代に生きている。人類の進化過程は計り知れない大きな謎だが、他の種との分子レベルの違いは徐々に明らかになりつつある」と付け加えた。

 今回の論文は3月10日付けの「Nature」誌に掲載されている。

Photograph by Michael Nichols, National Geographic

文=Christine Dell'Amore

  • このエントリーをはてなブックマークに追加