世界最大のクモの巣:網に陣取るメス

2010.09.21
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
世界最大の網を張る新種のクモ「ダーウィンズ・バーク・スパイダー(英名:Darwin's bark spider、学名:Caerostris darwini)」のメス(2008年撮影)。ナショナル ジオグラフィック協会研究・探検委員会(CRE)からの支援を受け調査を続ける動物学者インギ・アグナルソン(Ingi Agnarsson)氏によると、網を張るのはほとんどがメスだという。若い頃はオスも糸を引く習性があるが、成長すると生殖活動に注力するようになる。

 まだらで不均一な体の模様は生存に役立つ。木に同化して敵の目を欺くのだ。チャールズ・ダーウィンにあやかって名付けられたこの新種は現在、アフリカ大陸南東のマダガスカル島にだけ生息している。

Photograph courtesy Matjaz Kuntner
 世界最大の網を張る新種のクモ「ダーウィンズ・バーク・スパイダー(英名:Darwin's bark spider、学名:Caerostris darwini)」のメス(2008年撮影)。ナショナル ジオグラフィック協会研究・探検委員会(CRE)からの支援を受け調査を続ける動物学者インギ・アグナルソン(Ingi Agnarsson)氏によると、網を張るのはほとんどがメスだという。若い頃はオスも糸を引く習性があるが、成長すると生殖活動に注力するようになる。 まだらで不均一な体の模様は生存に役立つ。木に同化して敵の目を欺くのだ。チャールズ・ダーウィンにあやかって名付けられたこの新種は現在、アフリカ大陸南東のマダガスカル島にだけ生息している。

Photograph courtesy Matjaz Kuntner
  • このエントリーをはてなブックマークに追加