大西洋深海の新種:“山に登る”ナマコ

2010.07.08
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最近実施されたMAR-ECOプロジェクトの調査では、新種のナマコが大西洋中央海嶺で泳いで移動しているところを発見された。

 深海に生息するナマコは通常は海底で発見される。しかし調査チームは、大西洋を南北に走る巨大な海底山岳地帯である大西洋中央海嶺の急斜面の高い場所に数種類のナマコがいるのを目撃した。

「深海に生息するナマコはゆっくり這って移動する生物だと思われていたが、実は泳ぐこともできる。これは大西洋中央海嶺においては極めて重要な能力だ。泳げなければ、どこかの岩礁にはまってしまい餓死する危険があるのだから」と海洋生物学者のモンティ・プリエデ氏は語る。

Photograph courtesy David Shale
 最近実施されたMAR-ECOプロジェクトの調査で、新種のナマコが大西洋中央海嶺で泳いで移動しているところを発見された。 深海に生息するナマコは通常は海底で発見される。しかし調査チームは、大西洋を南北に走る巨大な海底山岳地帯である大西洋中央海嶺の急斜面の高い場所に数種類のナマコがいるのを目撃した。

「深海に生息するナマコはゆっくり這って移動する生物だと思われていたが、実は泳ぐこともできる。これは大西洋中央海嶺においては極めて重要な能力だ。泳げなければ、どこかの岩礁にはまってしまい餓死する危険があるのだから」と海洋生物学者のモンティ・プリエデ氏は語る。

Photograph courtesy David Shale
  • このエントリーをはてなブックマークに追加