ハナバチの1種、オスミア・アボセッタ(Osmia avosetta)が作った3つのカラフルな巣の標本。アメリカ自然史博物館のジェローム・ローゼン氏によると、1つの巣には幼虫1匹が入る。

 トルコとイランの研究チームは、地域によって使われる花に違いがあることも発見した。ローゼン氏が研究を行ったトルコでは、黄色、ピンク、青、紫の花びらが多かったが、イランでは紫の花びらを使った巣しか見られなかった。

 こうした色の選択について、「仕組みはまだわかっていない。遺伝子の違いかもしれないし、ハチの個体群の小さな差に過ぎないかもしれない。また、まったく別の原因である可能性もある」と同氏は話す。

Photograph courtesy J.G. Rozen, AMNH
 ハナバチの1種、オスミア・アボセッタ(Osmia avosetta)が作った3つのカラフルな巣の標本。アメリカ自然史博物館のジェローム・ローゼン氏によると、1つの巣には幼虫1匹が入る。 トルコとイランの研究チームは、地域によって使われる花に違いがあることも発見した。ローゼン氏が研究を行ったトルコでは、黄色、ピンク、青、紫の花びらが多かったが、イランでは紫の花びらを使った巣しか見られなかった。

 こうした色の選択について、「仕組みはまだわかっていない。遺伝子の違いかもしれないし、ハチの個体群の小さな差に過ぎないかもしれない。また、まったく別の原因である可能性もある」と同氏は話す。

Photograph courtesy J.G. Rozen, AMNH