手を洗うと、難しい選択を合理化する必要がなくなるという研究が発表された。

Photograph by Mark Thiessen, National Geographic
 難しい選択を行った後に手を洗えば頭の中に残る迷いを振り払えるという最新の研究が発表された。 研究の共著者で、アメリカのミシガン大学の博士課程で心理学を専攻する大学院生スパイク・W・S・リー氏は、手を洗うという単純な動作には衛生面だけでなく、決断後に頭に残る葛藤を“ぬぐい去る”効果もあるようだと話す。

 人間は難しい選択を強いられた後、自らの決断を正当化して安心しようとする傾向があると同氏は説明する。「誰しも自分の選択は正しかったと思いたい。だから、自分の下した決断の良い部分を考えることでその決断を正当化する」。このプロセスは“決定後不協和”と呼ばれる。

 ところがこの研究の実験では、難しい選択を行った後に手を洗った被験者のグループは、自らの選択を無意識のうちに合理化する必要性を感じなくなった。「身体的な経験は実際に心理的な経験に影響を及ぼす」というのだ。

 手洗いの効果を試すため、同じく共著者のノーバート・シュワルツ氏とリー氏はボランティアの学生を対象に、本当の実験目的を明かさず、消費者の意識調査という名目で実験を行った。例えば、40人の学生からなるグループに10枚の音楽CDを自分の好きな順番に並べてもらい、謝礼として5位か6位のCDのいずれかを選んで持ち帰ってもらうと告げた。

 CDを好きな順番に並べた後で、一部の学生には液体ハンドソープの評価との名目で手を洗ってもらい、それ以外の学生には液体ハンドソープのボトルを見るだけで評価してもらった。

 その後でもう一度CDを好きな順番に並べてもらったところ、手を洗わなかった学生は、自分が持ち帰るCDを前回よりも高いランクに置いた。決定後不協和の典型である。一方、手を洗った学生は10枚のCDを前回とほぼ同じ順番に並べた。

 同様の別の実験では、85人の被験者に2つのジャムから味見無しで好きな方を1つだけ選ばせ、その後で、一部の被験者にだけ殺菌用ティッシュで手を拭かせた。手を拭かなかった被験者は、自分の選んだジャムはもう一方のジャムよりおいしいと予想した。一方、手を拭いた被験者はどちらのジャムも同じ程度の味だろうと予想した。

 どんな形であれ手を洗うという行為が“記憶をぬぐい去る”働きをし、自らが行った選択にまつわる感情や合理化の必要性を取り除くとリー氏は主張する。

 研究チームは今後、この心理的現象が清潔感に関する他の感覚にも当てはまるかどうかを調べたいと考えている。

「汚れた靴下を洗わずに“ラッキーソックス”として大切にしている野球選手がよくいる。なぜだろうか。汚れた靴下の中に、洗い流したくない“幸運のかけら”が潜んでいると信じているからかもしれない」。

 この研究は、2010年5月7日発行の「Science」誌に掲載されている。

Photograph by Mark Thiessen, National Geographic

文=Rachel Kaufman