ダチョウは恐竜絶滅で飛ぶのをやめた?

2010.02.01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
身長約2.5メートルの絶滅したモアの模型。

Photograph by Frans Lanting, National Geographic Stock
 ダチョウやエミューなどの飛ばない鳥は、その祖先も飛ばなかったというのが長く定説となっていた。ところが最新の研究によると、飛ばなくなったのは約6500万年前に恐竜が絶滅したあとのことで、それ以前は飛んでいたという。 研究の主著者で、オーストラリアのキャンベラにあるオーストラリア国立大学のマシュー・フィリップス氏は次のように話す。「恐竜が突然地上から姿を消したことで、捕食動物がいない新しいニッチ(生態的地位)が生まれた。そこでは食べ物が豊富なうえに、飛んで素早く身を隠す必要がなかった」。

 こうした恵まれた環境で太った鳥は、自らの意思とは関係なく重くなり飛べなくなったと今回の研究では主張している。

 フィリップス氏と彼の研究チームは、かつて現在のニュージーランドに生息し既に絶滅した飛べない鳥モアの化石からDNAを採取し、そのゲノムを解析した。その結果モアは、現在も南アメリカ大陸に生息しているほとんど飛べない小型の陸生の鳥シギダチョウに最も近い種であることが判明した。

 白亜紀(1億4600万~6500万年前)には、現在の南アメリカ大陸、ニュージーランド、オーストラリア、南極大陸は、南半球の巨大な大陸ゴンドワナの一部だったが、ニュージーランドは約8000万年前に分離した。今回の研究によると、モアの祖先はどこか別の場所、おそらくはゴンドワナ大陸から分離した現在の南アメリカ大陸から海を渡ってニュージーランドへたどり着き、そこで地上をはね回りながら次第にモアへと進化した可能性があるという。

 飛べない鳥が共通の飛べない祖先から進化したという旧説に対して、今回の研究では種ごとに別々に進化したとしている。「恐竜の絶滅が恐竜自身に与えた影響の大きさは明らかだが、鳥類や哺乳類への影響についてはほとんどわかっていない。今回の研究は、恐竜の絶滅が現在生息する鳥類の進化の重要な岐路となった可能性を示唆している」とフィリップス氏は言う。

 今回の研究における発見は、飛べない鳥がどうやって海を隔てた大陸の数々にたどり着いたのかという原始の謎を解明する鍵となるかもしれない。「飛べない鳥がどうやって海を越えたかについて奇想天外な説が色々と唱えられてきたが、それぞれ祖先が別で、しかも祖先が飛ぶことができたと考えればそれも説明はつく」とフィリップス氏は話している。

 この研究結果は「Systematic Biology」誌2010年1月号に掲載されている。

Photograph by Frans Lanting, National Geographic Stock

文=Carolyn Barry in Sydney

  • このエントリーをはてなブックマークに追加