メジロダコの不思議な生態:道具を使う

2009.12.14
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
インドネシア沖の海中、ココナツの殻の中から外をうかがうメジロダコ、学名Octopus marginatus(撮影日不明)。最新の研究により、その謎の生態が少しずつ明らかになってきた。

 ココナツに隠れるというのも珍しいが、研究チームの注目を集めたのは、それを持ち運ぶというメジロダコの習性だ。2つに割れた殻を体の下側に吸い付けたまま、つま先立ちで歩くように移動しながら次の休息地を探す。場所が決まると、殻を再び組み合わせて中に収まる。体を保護するためか、天敵をだますための行為と考えられる。

 研究チームは、「ついにメジロダコは“道具を使う”高等動物の仲間入りを果たした。無脊椎(せきつい)動物としては初の快挙だ」と冗談交じりに話す。今回の研究は、12月15日発行の「Current Biology」誌に掲載されている。

Photograph courtesy Roger Steene
 インドネシア沖の海中、ココナツの殻の中から外をうかがうメジロダコ、学名Octopus marginatus(撮影日不明)。最新の研究により、その謎の生態が少しずつ明らかになってきた。 ココナツに隠れるというのも珍しいが、研究チームの注目を集めたのは、それを持ち運ぶというメジロダコの習性だ。2つに割れた殻を体の下側に吸い付けたまま、つま先立ちで歩くように移動しながら次の休息地を探す。場所が決まると、殻を再び組み合わせて中に収まる。体を保護するためか、天敵をだますための行為と考えられる。

 研究チームは、「ついにメジロダコは“道具を使う”高等動物の仲間入りを果たした。無脊椎(せきつい)動物としては初の快挙だ」と冗談交じりに話す。今回の研究は、12月15日発行の「Current Biology」誌に掲載されている。

Photograph courtesy Roger Steene
  • このエントリーをはてなブックマークに追加