鉄条網に守られたイワイグアナ

2009.04.03
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
キューバ南東部のグアンタナモ米軍基地で繁殖しているキューバイワイグアナ。この写真は2008年5月にグアンタナモ湾にある同基地のキャンプ4収容施設で撮影された。

Photograph by Rodrigo Abd/AP
 キューバ南東部のグアンタナモ米軍基地で繁殖しているキューバイワイグアナ。この写真は2008年5月にグアンタナモ湾にある同基地のキャンプ4収容施設で撮影された。 このイグアナは、食料が不足気味の地域では重要な蛋白(たんぱく)源として捕獲されているが、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでは絶滅の危険が増大している種として絶滅危惧Ⅱ類に分類されている。

 IUCNの推定によると、グアンタナモ湾という比較的小さな地域にいるキューバイワイグアナが、キューバ全体に生息する総個体数の6~8%を占めているという。基地が実施している保護策の成果だ。

Photograph by Rodrigo Abd/AP

文=Brian Handwerk

  • このエントリーをはてなブックマークに追加