ソーラー飛行機、世界一周の旅へ

3月9日からおよそ5カ月間で。飛行ルートのイラストも

2015.03.12
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ソーラー飛行機の「ソーラー・インパルス2」。(Photograph courtesy of Solar Impulse)

 ライト兄弟がガソリン機関を動力とする飛行機でノースカロライナ州キティホーク郊外の丘を飛び立ってから100年あまり。先日、スイスの冒険家が新たな飛行機の歴史を作る旅に出発した。彼らが操縦する「ソーラー・インパルス2」の動力源は太陽だ。

 1人乗りの狭い操縦席に乗り込んだ元戦闘機のパイロット、アンドレ・ボルシュベルグ氏は3月9日午前3時12分(UTC。日本時間同日午後12時12分)、ホルムズ海峡付近にある軍用飛行場を離陸し、世界初のソーラー飛行機での世界一周旅行を開始した。

 飛行機はまず徐々に高度8500メートル(2万8000フィート)まで登りながら、オマーンのマスカットを目指す。翼の上には大量のソーラーパネルがずらりと並び、日光を浴びた機体は4台のモーターに電力を供給する。オマーンを出発した後はさらに東へ向かい、インド、中国の都市を経由して、太平洋を横断する危険な数日間の連続飛行の途中でハワイに立ち寄る。

 ソーラー・インパルス 2は5カ月間で3万3800キロメートルを飛行する予定で、途中、いくども着陸して操縦士の交代を行う。ボルシュベルグ氏の代わりに操縦席に座るのは、1999年に熱気球による初の世界一周飛行を成し遂げた冒険家および精神科医のベルトラン・ピカール氏だ。

 熱気球での世界一周に成功してから2年後、クリーンな技術の発展への寄与を志すピカールは、スイス連邦工科大学にソーラー飛行機での世界一周計画を持ちかけた。そのとき大学側が計画の実現可能性を調査するための責任者に選んだのが、ボルシュベルグ氏だった。

最近行われた試験飛行の最中、アブダビにあるシェイク・ザーイド・モスクの上空。スイス人パイロット、アンドレ・ボルシュベルグ氏は、現地時間で9日月曜日の午前中、ソーラー飛行機で世界一周の旅へ飛び立った。(Photograph courtesy of Solar Impulse)

 当時、ボルシュベルグ氏はテクノロジー関連の新規事業立ち上げと半導体産業での経験を持つ起業家で、さらにはスイス軍の航空予備役として、長年ジェット機の操縦士も務めていた。そして2004年、ボルシュベルグ氏とピカール氏はソーラー・インパルス・プロジェクトを立ち上げ、以来10年間、計画実現のために尽力してきた。

 世界一周に必要な長時間飛行を実現するには、ふたつの相反する要素を両立させる必要があった。まずひとつは機体を非常に大きくすること、もうひとつは重量をできるかぎり抑えることだった。

 そこで彼らは、機体の太陽を浴びる面すべてに、1万7000個以上の太陽電池を並べることにした。個々の電池は、人間の髪の毛ほどの厚みしかない。太陽電池の大半が積み込まれた両翼の長さは、合わせて72メートルにもなった。これは460人の乗客を乗せる大型旅客機、ボーイング787-8の翼幅を超える長さだ。

 削れるところは1キロでも多く削り、操縦席を車のトランクよりも小さくして、機体の骨格には特性のカーボン・ファイバーを使用した。こうして離陸の日を迎えたソーラー・インパルス2の重量は、大型のSUV車と同程度のわずか2268キログラムであった。

ソーラー・インパルス2の予定飛行ルート。図中の各都市に立ち寄りながら、およそ5カ月間かけて世界を一周する。(NG MAPS; SOURCE: SOLAR IMPULSE)

 地上での作業を終え、ついに空に飛び立ったソーラー・インパルス 2にはこの先、いくつもの辛く危険な行程が待っている。

 パイロットは日中できるだけ多くの日光を浴びるため、機体を8500メートルまで上昇させ、大半の区間で12時間以上飛行を続けなければならない。空にいる間は厳しい寒さに耐えなければならず、まるでエベレストに登ったような高山病に見舞われる危険性もある。

 12時間をはるかに超える長距離区間も存在する。中国~ハワイ間、ハワイ~アリゾナ間、ニューヨーク~ヨーロッパ間の3区間は、それぞれが最長5日間にも及び、モナコに置かれたコントロールセンターが、定期的に大気の状況とパイロットの生命の安全をチェックする。

 機内には酸素ボンベ、栄養ドリンク、プロテインバーの他、シープスキンのブーツなど、暖を取るための特別製の衣服が用意されている。フライトの間、パイロットは定期的にコントロールを自動操縦のコンピュータに委ねて仮眠をとる。

 冒険一家に生まれたピカールにとって、こうした挑戦は珍しいものではない。1930年代、ピカールの祖父で物理学者のオーギュスト・ピカールは、気球に結びつけた加圧カプセルに乗り込み、人類で初めて成層圏に到達した。30年後、ピカールの父ジャックは、オーギュストと共同で設計した潜水艇で、海底の最深部(マリアナ海溝のチャレンジャー海淵)まで潜っている。

「私の父と祖父がしてきたことは記録のためではありません。彼らは役に立とうとしたのです。冒険には実用性が伴うべきです。それこそが、私がこのプロジェクトを立ち上げた理由です。私は自分たちが状況の改善に大きく貢献できると信じています」

文=Neil Shea,/訳=北村京子

  • このエントリーをはてなブックマークに追加