巨大魚ブダイの集団お見合いを発見、米研究チーム

満月の夜、目の前を通ったメスにオスが激しく求愛ダンス

2015.03.10
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サンゴ近くに集まるカンムリブダイ(PHOTOGRAPH BY PAUL SUTHERLAND, NATIONAL GEOGRAPHIC)

 ビーチ好きなあなたは、知らないうちにカンムリブダイ(学名:Bolbometopon muricatum)のお世話になっている。カンムリブダイは大量のサンゴを食べて、白い糞をする。あなたの愛する白砂は、その糞からできているのだ。重さ75kgにもなるこの巨大魚は、サンゴの増えすぎを抑え、健全なサンゴ礁を守る役割を担っている。

 そのカンムリブダイが、絶滅の危機に瀕している。食材としての人気が高いことが一因だ。

 太平洋やインド洋など、カンムリブダイが生息する地域はすべて、人間の活動エリアと重なる。浅い海域で集団になって眠る習性から、漁のターゲットとなりやすいのだ。そのため国際自然保護連合(IUCN)は、カンムリブダイを危急種に指定している。

 米海洋漁業局のロルダン・ムニョスらの研究チームは、カンムリブダイを守るため、米国領ウェーク環礁でその生態を包括的に調査、2014年末に学術誌『PeerJ』に発表した。満月の夜に集団で産卵すること、頭を激しくぶつけ合うこと(奇妙な頭の形の原因と言われる)、オスが整列する横をメスが通過してパートナーを選ぶシステムが確立されていることなど、数多くの新発見が報告されている。

繁殖は月とともに

 カンムリブダイのパートナー探しと月の満ち欠けの関係は以前から指摘されていたが、研究チームは満月前後と下弦前後に、数百匹単位で産卵する様子を観測した。ムニョスは、それらの時期の潮流が、産みたての卵や生まれたての稚魚をサンゴから引き離してくれるためと考えている。サンゴの周辺は捕食者が多く、危険が多い。

 研究チームは、パートナーを見つける「レック・システム」と呼ばれる説も確認した。海底近くの決まった狭い領域にオスが集まり、十匹~数百匹のメスがやってくるのを待つのだ。「メスが近くを通ると、オスは体の色を変え、メスの目の前で激しく短い求愛のダンスを始めます」

 オスを気に入ったメスは、そのオスに近づき、顔の色を白く変化させる。それが合図となり、2匹は体を寄せ合う。するとメスは抱卵し、オスがそれに放精する。その後、2匹は別々の方向に泳ぎ去る。


泳ぐカンムリブダイ。インドネシア・バリにて撮影(PHOTOGRAPH BY STEVE JONES, STOCKTREK IMAGES/CORBIS)

頭を激しくぶつけ合う

 ムニョスらは偶然、大きなオス同士が、テリトリーを守るために頭をぶつけ合う様子も目撃した。カンムリブダイはサンゴを食べやすくするために頭を激突させることで知られているが、「(オス同士が頭をぶつけ合う)そんなことが魚で行われているとは前代未聞です」とムニョスは語る。

 オーストラリアのジェームスクック大学でサンゴにすむ魚を専門に研究するデイビッド・ベルウッドは言う。「頭のぶつけ合いは衝撃でした。このような小さなサプライズは、(集団が)比較的失われていないような特別な場所に行くと出会うことができます」

 今回もっとも価値ある発見は、ウェーク環礁内での産卵場所が、極めて忠実に守られていることだろう。オスもメスも、何度も同じ場所に戻り、繁殖相手を見つけるのだ。そのすべてが、約7200平方メートルと、比較的小さなエリア内で行なわれている。魚の繁殖方法とその範囲がわかれば、カンムリブダイの産卵地を海洋保護区に含めることができるかもしれないとムニョスは言う。

サンゴ礁にも影響か

「今回の観察結果に留意して、保護計画を立てていかねばなりません今の対応速度では、この魚の保護は間に合わないでしょう」とベルウッドは話す。カンムリブダイが減少すると、それに依存しているサンゴ礁の質も悪化する。カンムリブダイは、その鋭い歯で、1匹につき年間5トンものサンゴをかみ砕いて排泄しているのだ。

 ベルウッドは言う。「私たちは、サンゴ礁の生態系から、この巨大魚を排除しようとしているも同然です。その影響はわかりませんが、私はとても心配しています。カンムリブダイがいなければ、サンゴ礁の生態系が今よりも不安定になる可能性があるのです」

文=Christine Dell'Amore/訳=堀込泰三

  • このエントリーをはてなブックマークに追加