なぜ人は残虐な行為と知りながら従ってしまうのか

 ナチス・ドイツの強制収容所での残忍な行為は、人が人に対してどれほど非道なことが行えるかという例のひとつです。そこまでではないにしても、普通の人の集団が、残虐な行為に手を貸してしまうという犯罪を耳にすることがあります。なぜこうしたことが起こるのでしょうか。

 『教養大事典』の心理学の項では、ある実験を例に挙げ、「権威の存在が人の反応や他人についての意見に影響を及ぼす」と書いています。具体的に見ていきましょう。

ブーヘンヴァルト強制収容所の監視塔。(Jürgen Ludwig /Allgemeiner Deutscher Nachrichtendienst - Zentralbild (Bild 183)/Wikipedia)

 その実験は、ナチス・ドイツによる惨劇をきっかけに、1960年代の米国で行われました。人はどれほど他人の命令に従ってしまうのかを調べる、ミルグラム実験と言います。

 実験の手順はまず、実験を指示する研究者と、一般から募集した「教師」役の被験者と同じ部屋に入ります。その隣の部屋に「生徒」役の人物がいます。この「生徒」役が質問に対して間違った答えをすると、被験者は電気ショックのスイッチを入れて、罰を与えるという仕事が与えられます。実際には電気ショックが「生徒」役に与えられることはなく、「生徒」役は演技をしていますが、被験者はそれを知りません。

 研究者は「生徒」役が質問を間違えるたびに、電気ショックを強くしていくよう指示します。それが命にかかわるレベルになっても、ほとんどの被験者は迷うことなくスイッチを入れるという実験結果が出たのです。約2000人の実験参加者は、年齢、職業、学歴はまちまちでした。

 このように、ある条件下では、人々は盲目的に権威(実験では研究者)に従う可能性があります。特にあいまいな状況では、服従をやめるタイミングを知ることが難しく、始まりが容易だとその傾向がいっそう強いといいます。

 この実験で多くの人に衝撃を与えたのは、権威者から指示されれば、普通の人が他人に対して、死ぬ可能性もあるレベルの電気ショックを与えてもよいと考えることが示されたことです。

 権威者が社会の法の代表であり、その人物に信頼を寄せている場合、責任がその権威者にあると、人々はより簡単に従ってしまうのです。さらに、犠牲者からの距離が開くほど、権威への服従が顕著になっていくことも確認されました。

 人の行動を左右する状況は、権威に服従する場合だけではありません。『教養大事典』では、集団のメンバーであることや、役割期待によっても行動は支配されることを、具体的な例を挙げながら解説しています。

ビジュアル教養大事典

世界で通用するホンモノの教養を体系化した1冊!
ビッグバンからヒップポップまで――6ジャンル、20分野のテーマを網羅。
ニュースやトレンドをより深く理解するために欠かせない、重要な知識が満載。

ナショジオストア アマゾン 楽天ブックス