/nng/article/20150304/437906/

スイスのとある山村で、極めて珍しいことに20世紀になってから誕生した新種の植物が見つかった。たかだか100年でどのように新種が生まれ、そして生き残るのか。フィールドでの観察からゲノム解読まで、さまざまな手法を駆使して進化の謎に挑むスイス・チューリッヒ大学の清水健太郎さんの研究室に行ってみた!(文・写真=川端裕人)

1~ 7件を表示/7件中