ネアンデルタール人と人類の出会いに新説

高度な石器文化をネアンデルタール人から受け継いだ可能性も

2015.03.02
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
5万5000年前の現生人類の頭蓋骨の一部。2015年1月、ガリラヤ西部のマノット洞窟で発見された。人類がネアンデルタール人と同時期にレバント地方にいたことを示唆している。(Photograph by Menahem Kahana, AFP, Getty Images)

 人類はどこから来て、どうやって拡散したのだろう?

 はじめの疑問に対しては、遺伝学の研究が説得力のある答えを見出している。現生人類の祖先はアフリカで進化したというものだ。

 人類はその後、6~5万年前に一気にユーラシア大陸に広がった。そしてこのたび米国の2人の考古学者が、初期人類がアフリカを出てから広く拡散するまでの道のりを明らかにしたと発表した。パンくずのように残された石器の跡をたどると、私たちの祖先はいったんアフリカから緑のオアシスだったアラビア半島へと遠回りし、5万年間ほど定住。続いて中東に移動して、そこではじめてネアンデルタール人と遭遇したという。

 石器のスタイルや作り方の類似点からすれば、エジプトのナイル川流域で最初に作られたものが、次にアラビア半島、最終的にはイスラエルの石器に繋がっていると研究者らは説明する。携帯電話の進化同様、石器は時代を経るごとに着実に小型化、複雑化していた。

初期の現生人類の化石は、エチオピアのオモ川流域とアワッシュ川中流域のヘルト・ボウリから出土した。そして15万年前に、エジプトのナイル川流域で人類は石器を作り始める。以前の研究では、人類がアフリカを出てシナイ半島を経由し、レバント地方に至る拡散ルートを追いかけていた(時計回りの矢印)。一方、最新の研究で、アラビア半島に渡った人類は5万年ほど半島に定住し、その後レバント地方に北上するルートが明らかになった(反時計回りの矢印)。そのレバントで人類がネアンデルタール人から道具作りの技術を拝借した可能性がある。

「考古学者たちは、“アフリカから中東”のルートばかりに焦点を合わせていたので、アラビア半島における1章をまるごと見過ごしてきたのです」と述べるのは、「Quartar」誌2月号に掲載された論文の共著者で、ロニン・インスティテュート(Ronin Institute)の人類学者であるジェフリー・ローズ氏だ。

 エチオピアのオモ川流域やヘルト・ボウリなどから出土した化石によると、人類誕生の地はおよそ20万年前のアフリカである。

 道具作りの観点では、古代から現代へ人類の行動が移り変わる過程は、約5万年前の「エミラン」と呼ばれる石器の様式にはっきりと現われている。だが、1951年にイスラエルのガリラヤ湖付近の洞窟で、尖頭器や石刃、削器をはじめとするエミランが初めて発見されて以来、高度な道具作りがどこで始まったのか、考古学者らはずっと頭を悩ませてきた。

「エミランは橋渡し的な技術です。一体どこからやって来たのでしょうか」と、ナショナル ジオグラフィック協会のエマージング・エクスプローラー(新進支援研究者)でもあるローズ氏は疑問を投げかける。

石器が示した新たなルート

 かつて論文指導教官だったサザンメソジスト大学の人類学者、アンソニー・マークス氏とともに、ローズ氏はアラビア半島、アフリカ北東部、そして中東から出土した石器のうちで入手可能なものをすべて調査した。

 両氏は論文で、これらの地域における石器の発展は15万年~13万年前にエジプトのナイル川流域で始まったと記している。ナイル川流域に住む狩猟採集民は石を規則正しく削り落とし、例えば槍の先端に取り付ける三角形の尖頭器など、ヌビア地方特有の石器を製作した。

 エジプトのヌビア人がすぐ中東に移動してエミランを生み出したと唱える研究者もいる。だがしかし、ヌビア人はまずアラビア半島に渡り、半島に定住した子孫がのちにエミランを作ったのではと両氏は主張する。

 彼らは論文で、アラビア半島に移り住んだエジプトのヌビア人から11万~5万年前に派生したと思われる2種類の様式、「ドファール・ヌビアン(オマーンのドファール地方のヌビアに由来する石器)」とオマーンのナジュド高原の「ムダイヤン・インダストリー」の例を挙げている。

 ドファール・ヌビアンからムダイヤンにいたるまで、尖頭器は時間と共に小さく細長くなり、エミランの道具により近い形状となっていった。おそらく気候が乾燥し食料の調達が難しくなるにつれて、俊敏な小動物を捕獲するためにより先の尖った道具を使う必要があったからだろう。

ヌビアの石核(右下)と尖頭器(左下)が重なって1つになる(上)。エジプト周辺の初期人類はこのように石の破片から三角形の尖頭器をつくっていた。その後、中東の現生人類はひとつの石から複数の尖頭器を製作する効率的なテクニックを編み出した。(Photograph by Jeff I. Rose)

 ローズ氏とマークス氏のシナリオによると、7万5000年前、アラビア半島の気候が急激に変化し、干ばつに見舞われた結果、道具を作る人々が北部の中東地域へと押しやられた。

 一方、中東は6万年前からより湿潤な気候へと変化し、動物や狩猟民は北部に集まっていった。そこで現生人類は大きなブレイクスルーを成し遂げる。祖先のヌビア人がしていたように石を上から下へ一方向に砕いて1つの石から1つの道具を作る代わりに、上下両方向に砕いて1つの石から複数の細長い石刃を続けて作る方法を編み出したのだ。それは、エミランとそれに続く上部旧石器時代における決定的な特徴である。

遺伝学的な結果とも一致

 驚くべき仮説だが、エミランを生み出した現生人類は、7万~5万年前のイスラエルの化石と、さらにそれ以前にムスティエ石器を残した古代の人々――おそらくネアンデルタール人、の影響を受けた可能性があると両氏は述べる。エミランはエジプトのヌビアの石器のように規則的に作られているが、とりわけムスティエ石器に酷似しているという。

 この時期は、ネアンデルタール人と現生人類の交配に関する遺伝学研究の結果とも一致する。2015年1月に発表されたように、イスラエルのマノット洞窟で発見された5万5000年前の現生人類の頭蓋骨は、ネアンデルタール人と同時期に人類がレバントにいたことを裏付ける新たな証拠となった。

 エミランがネアンデルタール人の影響を受けたという説に異を唱える学者もいる。エミランは「ネアンデルタール人とは全く関係ありません」と、ハーバード大学の人類学者、オフェル・バー・ヨセフ氏は断言する。エジプトから中東に直接移住したヌビア人がエミランを作ったと同氏は10年前に提唱した。

 誰がエミランの石器づくりに影響を与えたかにかかわらず、現代の道具に繋がる長く曲がりくねった道筋は、アラビア半島へいったんそれていたのかもしれない。

「アラブ地域はどこかへ行くための単なる通過点ではありません。これまでさまざまな拡散シナリオしばしばそう考えられてきましたけれど」と、ロンドン自然史博物館の古人類学者クリス・ストリンガー氏は言う。「時代によっては、アラブは初期人類にとって本当に重要な立地でした。おそらくネアンデルタールにとっても同じように」

文=Ann Gibbons/訳=益永依子

  • このエントリーをはてなブックマークに追加