――『インドクリスタル』の執筆中に、篠田さんはインドへ取材旅行に行っていますね。

 10日間ほどの旅行です。そのうち4日間はインド東部のオリッサ州で、先住民の村を訪ね歩きました。

 実は私、このときが初めてのインドだったんです。

――作品の詳細な描写からして、何度もインドに行かれているのかと思いました。

 小説の取材で舞台になる土地へ行くことはよくあるんです。行ってみないとわからないことが多いですから。でも、インドはずっと後回しにしていました。

――後回し?

 いろいろ脅かされるものですから。
 駐在経験のあるビジネスマンやバックパッカー、元外交官など、私がインドについて話をうかがった方々が、親切に現地のことを教えてくださるんです。

(写真クリックで拡大)

この連載の前回の
記事を見る

この連載の次の
記事を見る