第8回 笑いと悲しみを誘うサルの表情

「鏡の中のサル」(ソルビン・ザンク、2003年)

 この写真を見た人は、ビックリしたような、威嚇するようなユニークなサルの表情に魅入られるでしょう。サルが手に持っているのは、トラックが落としていったバックミラーです。鏡に映る自分の姿を見て、思わずギョッとした瞬間の表情をとらえた1枚です。写真に写るクロザルは、ニホンザルと同じマカク属の仲間です。

 あたりは深い森のようにも見えますが、こんなところにトラックが通っているのは、伐採した木材を運ぶため。トラックが通る道路ができて、生息に欠かせない木が切られ、人がどんどん入り込み、サルの生存が脅かされています。そんなことを感じながらこの写真を見ると、ユニークな表情とは裏腹に、いたたまれない気持ちにもなります。1枚の写真の向こうには、それぞれの物語があります。優れた動物写真は、そうした物語を感じさせてくれるのです。

世界一の動物写真

イギリスで50年続く、世界最高峰の写真賞
『ワイルドライフフォトグラファー・オブ・ザ・イヤー』
受賞作品でたどるネイチャーフォトの全記録!

ナショジオストア アマゾン 楽天ブックス