第13回 ガラパゴスでのシュモクザメ調査

 記録計は2日後にタイマーで切り離され、海面に浮かび上がってくる予定だ。そして人工衛星を介して、インターネット上に位置情報(緯度、経度)が届けられる。小型ボートでその場所に向かい、記録計を回収すれば、めでたくデータが手に入るという仕組みだ。ただし2日間でサメがどこまで移動するかは、やってみないとわからない。

 2日後。記録計が切り離される予定の朝6時がやってきた。調査船にはインターネット設備はなく、携帯電話も圏外なので、ジェイソンがオーストラリアから持参したイリジウム衛星電話だけが頼りだった。オーストラリアの知り合いに電話をかけ、インターネットをチェックしてもらうと、たしかに緯度経度の情報が更新されているという。切り離しの仕組みがうまく作動し、記録計が海面に浮かび上がった証拠だ。「よし」と私は心の中で小さなガッツポーズ。

 ところが、伝えられた緯度経度を地図と照らし合わせてみると、記録計は2台とも、放流地点から同じ方角に140キロも離れているという。「140キロ!?」と私は思わず声に出した。体長1メートル強の小さなサメが、たった2日間で140キロも移動するとは信じられない。しかも2匹が2匹とも、ぴたりと同じ方向に泳ぎ続けたというのも奇妙だ。一体何が起こったのだろう? そもそも140キロという途方もない距離を、船外機付きの小型ボートだけで回収に向かえるのだろうか。悪い予感の暗雲が立ち込めた。

潜水して撮影したアカシュモクザメの群れ。(撮影:渡辺佑基)
[画像のクリックで拡大表示]

 地元ガラパゴスで生まれ育った調査船のキャプテンは、真剣な表情で地図を見つめ、少しの間黙ってから、大丈夫だ、行こう、と言った。そうと決まれば、太陽が沈む前に確実に戻ってこられるように、できるだけ早く出発しなくてはならない。食料と飲料水とを小型ボートに積み込み、キャプテン自らの操船で、私たちは出発した。

 小型ボートは猛スピードで海の上を突っ走る。ふわっと浮き上がったと思ったら、ドンと激しく海面に叩きつけられ、またふわっと浮き上がる。その絶え間ない連続だ。座っていられないので、立ち上がって衝撃に耐える。顔面にまともに風圧を受け、海水のシャワーが時折ボート全体を包み込む。

 無人の砂漠のような太平洋を、ただひらすら一方向に進んでいく。360度どこを見渡しても海と空しかなく、海鳥すらいない。母船から遠く離れすぎていて、無線連絡も不可能だ。もしもボートに何かトラブルがあったら、と考えるとぞっとする。

 3時間かけて目的の海域に到着した。電波信号を頼りに、近くに浮かんでいるはずの記録計を探す。電波受信機の感度を絞りながら、目を皿のようにして海面を見つめる。するとあった! シュモクザメのデータの詰まった何より大事な記録計が、心配する親の気持ちを知らない無邪気な子どものように、のんきにぷかぷかと浮かんでいた。1時間半ほどかけて2台の記録計を順番に探し出し、回収することができた。