第5回 伏兵アカマンボウの逆襲

 マグロ類やホホジロザメでは、筋肉に入っていく血管と、筋肉から出て行く血管が隣り合っている。筋肉に入っていく血管には冷たい血液が流れているが、一度筋肉に入り、出て行くときには温かくなっている。ところがその熱は、血管が隣り合っていることにより、筋肉に入っていく血液へとすぐに乗り移るので、外に出て行くことなく(そしてエラで霧散することなく)、筋肉の内部を循環する。

 これがマグロ類やホホジロザメが体の一部分を温めるメカニズムだ。なるほどよくできたメカニズムであるが、いっぽうで、心臓を温めることができないという欠点を抱えている。

アカマンボウをキャッチ。(Photograph by NOAA Fisheries, Southwest Fisheries Science Center)
[画像のクリックで拡大表示]

 心臓は生命活動を支える根源的な器官である。マグロ類やホホジロザメのやり方では、温められるのは体幹部の筋肉とその周辺に限られており、エラの近くに配置されている心臓は、どうしても冷たいままである。そして心臓が冷え過ぎると、体内に血液を循環させるポンプとしての機能が低下してしまうため、マグロ類やホホジロザメは時折温かい水に体をさらして(つまり浅いところに浮上して)、心臓の機能を回復させなければならない。

 この「冷たい心臓」の問題は、魚がエラで呼吸している限り、そしてエラと心臓が近くに配置されている限り、解決不可能な問題であると考えられていた。そう、アカマンボウが登場するまでは。

次ページ:ものすごく単純。でも心底驚いた!