第2回 科学者しか入れない、まるごと実験場の島 アイスランド・スルツェイ

上空から見たスルツェイ島。現在でも活発な火山活動が続いている。
(c) OMIKRON/SCIENCE PHOTO LIBRARY

 アイスランドの南、北大西洋に浮かぶスルツェイ島は、地球上で最も新しい島の一つだ。1963~67年に起きた海底火山の噴火によってできた。現在、スルツェイ島はごく少数の認可を受けた研究者だけが島への上陸を許されている。ここは人類の影響を排し、生態系がどのように形成されるのか、その過程を記録するために自然保護区に指定された、特別な島なのだ。

■50年前に誕生したばかりの島

 生まれたばかりの島は、ベストマン諸島最大のヘイマエイ島の南西沖20キロに位置している。火山噴火を示す最初の兆候があらわれたのは1963年11月14日、周辺海域の海水温の変化、噴煙、硫化水素臭のすべてが観察された。実際にはその数日前、すでに噴火は水深130メートルの海底で始まっていた。
 噴火は地殻の亀裂に沿って起こり、海上に噴き上がった粉塵や灰の柱は数キロの高さに達した。1 週間で新島が形成され、北欧神話の炎の巨人「スルト」にちなんでスルツェイ島と命名された。新島誕生と同時に海による浸食が始まったが、噴火は収まらず、島の面積は広がりつづけ、1964年前半には最大直径1300メートルあまりに達した。アイスランドはすぐさま新島の領有権を主張、自然保護区とすることを宣言した。
 1967年6 月に噴火が収束するころには、スルツェイ島は面積2.7平方キロまで成長していた。その約3 分の2 は火山灰、3 分の1 が急激に冷えて固まった溶岩でできていた。火山灰は年々、少しずつ洗い流されていったが、固い溶岩の中心部はかなりの弾性があることがわかった。

 スルツェイ島は、地質学的にも生物学的にも進化の過程を研究する貴重な場となった。他の陸地から隔絶されているため、実験に最適だ。人間さえ寄せつけなければ、島を削る海以外には脅威が存在しないのだ。
 1965年に維管束(いかんそく)植物の生育が初めて観察されたが、より複雑で生育条件が厳しい植物形態である灌木が見られるようになるのは1998年になってからだった。1970年ごろから海鳥が島に群れを作るようになり、その大量の糞が堆積することによって、島の痩せた土壌が急速に改善されていった。島に最初にすみついた鳥類(留鳥)はフルマカモメとハジロウミバトだ。1983年にはアザラシもスルツェイ島で繁殖を始めたのが確認された。

■島への侵入者

 島への人間の上陸は、スルツェイ島研究学会の許可を得た研究者以外は厳しく禁止されている。学会はアイスランド環境・食品庁に代わり、島におけるすべての活動を監督している。スルツェイ島の海域でのダイビングはもとより、その自然特性を阻害することや、一切の有機物や土、鉱物の島への持ち込み、廃棄物の投棄も認められていない。また、沿岸から2 キロ以内での銃器の使用も禁止されている。
 人間の居場所として許されているのは、研究者たちの滞在用に設置された、簡素なプレハブ小屋1棟だけだ。設備といえば、数台の簡易ベッドと、自家発電用のソーラーパネル、緊急連絡用の無線装置ぐらいだが、せめてもの慰めにダーツ盤も一つ、備えられている。

島で人間に許されている居場所は、この研究者用の簡素な小屋だけだ。ここはスルツェイ島研究学会が管理している。 (c) Arctic-Images/ Corbis

 スルツェイ島で現在までに観察されているほとんどの植物の種は、自然の「運び屋」によって島に持ち込まれたものだが、1970年代に2度、人間が持ち込んだ農作物が発見されたことがある(もちろん、直ちに取り除かれた)。
 最初に持ち込まれたのはトマトだった。想像するにこんなことだろう。上陸した研究者が腹一杯に弁当を食べたのち、急に便意をもよおして、結果として土に種を播くことになってしまった。
 次は1977年、土の中に埋められたジャガイモが見つかった。犯人は冒険好きの少年たちだ。春休みに、近くのベストマン諸島からボートを漕いでスルツェイ島までやってきて、ジャガイモを埋めていったのだ。

■研究の成果

 スルツェイ島は2008年、ユネスコの世界遺産に登録された。2004年までに多種多様な生き物が島内で記録され、69種類の維管束植物、71種の地衣類、24種の菌類、さらに14種の鳥類と335種の無脊椎(むせきつい)動物が確認されている。2009年には島の広い範囲でムナグロ(チドリの仲間)の営巣が確認され、最初の渉禽(しょうきん)類として報告された。毎年、2~5種が新たに発見されている。
 現在もなお研究は続けられている。何もない島から、どのように動植物が根付いていくのか、研究者が島に伴走して見守っている。

 この連載は、下の書籍に収録されています。

絶対に行けない世界の非公開区域99
ガザの地下トンネルから女王の寝室まで

危険・非公開・軍事機密・研究施設・都市伝説……。世界には立ち入りを制限している、あるいは存在が確認できない場所がある。さまざまな理由により立ち入ることができない秘密の場所を99カ所、250点の写真・地図で紹介している。

ナショジオストア アマゾン  楽天ブックス