第17回 金縛り対策-特に明け方の二度寝にご用心

 レム睡眠は睡眠時間全体の約1/4を占める。6~7時間睡眠であれば1晩に80~100分ほどのレム睡眠がでる。最初のレム睡眠は寝付いてから60-120分で出現し、以後平均して約90分周期で一晩に3~5回出現する。1回あたりのレム睡眠は平均で20分ほどだが、体内時計の指令で明け方になるにしたがって長くなり、1時間ほど続くこともある。休日の早朝に二度寝をすると夢をよく見るのもこのレム睡眠の特徴的な時間分布による。

レム睡眠が増える明け方が金縛りの好発時間帯である。才蔵は明け方にウトウトして浅い眠りのままレム睡眠に陥ってしまったと思われる。(イラスト:三島由美子)(画像クリックで拡大)

 寝入りばなにウトウト状態でレム睡眠に突入すると金縛りが起こりやすい。例えば、脳波を測定しながら実験室内で被験者を寝かせ、明け方に長いレム睡眠が出る前に強制的に起こしてから二度寝をさせると毎回ではないが金縛り体験が起こりやすいことが知られている。眠りが浅いためレム睡眠中の脱力を自覚してしまうのだ。

 実験で無理矢理起こすのではなく、レム睡眠中に自然に目覚めてしまうのはどういう時だろうか。寝入りばなは眠りが浅いが先にも書いたように普段は入眠直後にレム睡眠が出現することはない。第1回目や2回目のレム睡眠のときはまだまだ眠り(ノンレム睡眠)が深くて目覚めにくいほか、レム睡眠自体が短い。

 しかし、たとえばストレスによる浅い眠りや不規則生活などで明け方に覚醒したときに、まだ外は暗いからと二度寝をしようとすると睡眠が深まらないままにレム睡眠に突入してしまうことがある。レム睡眠もかなり長い時間帯でもある。半覚醒のままレム睡眠に入ってしまうともう体は動かない。「金縛りの術」に嵌まってしまう。不規則な睡眠習慣のあなた、昼夜逆転気味のあなた、睡眠分断法とか怪しげな寝方をしているあなた、最近金縛りしてませんか?

次ページ:寝入りばなや、時には昼間にも繰り返し金縛りにあう人もいる。