戦地から帰還した数十万人の米軍兵士が、爆風の衝撃で脳に損傷を受けている。見えない傷を抱え、認知能力や心の障害に苦しむ兵士を救う方法はあるか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

爆風の衝撃 見えない傷と闘う兵士

戦地から帰還した数十万人の米軍兵士が、爆風の衝撃で脳に損傷を受けている。見えない傷を抱え、認知能力や心の障害に苦しむ兵士を救う方法はあるか。

文=キャロライン・アレキサンダー/写真=リン・ジョンソン

 2001年から2014年までの間に、軽度の外傷性脳損傷(TBI)と診断された米軍の兵士と退役軍人はおよそ23万人にのぼる。その大半は爆発現場に居合わせた兵士で、頭痛、運動障害、睡眠障害、めまい、視覚障害、耳鳴り、情緒不安定、認知・記憶・言語の機能障害など、さまざまな症状に悩まされている。

 こうした症状は心的外傷後ストレス障害(PTSD)とよく似ている。しかもアフガニスタンとイラクでの米軍による軍事行動では、当初の数年間、兵士が爆発の場に居合わせたことは記録されなかった。こうした事情により、TBIに苦しむ帰還兵の正確な数はわかっていない。

脳に「見えない傷」を負った兵士たち

 多くの帰還兵がこうした症状に苦しんでいるにもかかわらず、TBIについてはごく基本的な事柄もわかっていない。診断基準は確立されていないし、予防法も治療法もわかっていない。何より、爆風による損傷(爆傷)の性質についても、爆風の衝撃で脳に損傷が起きるメカニズムについても、専門家の一致した見解がないのが現状だ。

 今のところ、爆風が人の脳に及ぼす影響を直接調べられる確実な方法はただ一つ、遺体から取り出した脳を調べることだ。米国防総省は2013年、爆風に誘発された神経外傷を研究するために、脳組織の保管施設を設けた。軍人保健科学大学の病理学教授ダニエル・パールが責任者を務め、兵士の遺族から提供された脳の組織を保管している。おかげで「何が起きているかを組織レベルで」調べられるようになったと、パールは話す。

 脳組織の研究を始めて1年半がたち、パールは大きな手応えを感じているという。
「爆風にさらされた兵士の脳に特有の病変を突きとめつつあります。それは民間人の脳損傷では見られないものです」。つまり、スポーツ選手の脳振盪などでは見られない変化だということだ。「私たちが観察した変化は爆風に特有のもののようです。兵役経験者に固有の損傷と考えられます」

※この続きは、ナショナル ジオグラフィック2015年2月号でどうぞ。

編集者から

「いっそ体の一部を失ったほうがましだったと、ときどき泣き言を言ってしまう。それなら相手に見えるから。説明しなくても済むからな」。これは、爆風で脳に損傷を受けた米軍兵士の言葉ですが、彼のような兵士だけでなく、目に見えない障害に苦しんでいる世界中の人たちの気持ちを代弁しているようにも感じました。原因の解明や治療法の確立も大事なことですが、周りの人々の理解も進んでいかなければ、彼らの苦悩はなくならないように思います。本誌のベテラン写真家リン・ジョンソンが撮影した力強いポートレートからは、見えない傷や言葉に言い表せない苦悩がありありと伝わってきます。(編集T.F)

この号の目次へ

翻訳講座

ナショジオクイズ

写真は西アフリカのニジェール。ここで何をしているのでしょうか?

  • 織物
  • 井戸掘り
  • 金鉱探し

答えを見る

ナショジオとつながる

会員向け記事をお読みいただけます。

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー

ナショナルジオグラフィック日本版サイト

広告をスキップ