コウモリを体内から燃やしつくす致死性カビ

コウモリを殺す「白い鼻症候群」解決の糸口を発見

2015.01.14
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
死んだトビイロホオヒゲコウモリの羽に見られる穴や病変は、白い鼻症候群を起こすカビによるものだ。(Photograph By Stephen Alvarez, National Geographic)

 過去数年、米国で繁殖力の高いカビが冬眠中のコウモリの羽と鼻を蝕み、コウモリの大量死を引き起こしている。しかし、このカビでなぜコウモリが死ぬのかは明らかでなく、感染したコウモリをどうしたら救えるか、手探りの状態が続いている。

 だが最近、ある研究によりこの病気の謎を解明する糸口が見つかった。「白い鼻症候群」は、ニューヨーク州アルバニーでコウモリの鼻が白いカビで覆われているのに科学者らが初めて気づいたことからそう名付けられた。このカビはコウモリに重度の脱水症状を引き起こし、体内の化学反応を書き換えてしまう。新しい発見はこれまでの研究結果を裏付けるもので、北米におけるコウモリの大量死を抑えるために必要な処置または対策の手がかりとなりうる。

 白い鼻症候群は北米大陸の東部沿いにカナダからサウスカロライナ州まで、西へはミズーリ州まで広がっている。ペンシルバニア州の個体群のいくつかは99%も減少し、米国とカナダで7種の冬眠中のコウモリに白い鼻症候群が確認されている。

 研究チームは、実験により白い鼻症候群に感染したトビイロホオヒゲコウモリ(Myotis lucifugus)は冬眠中、健康なコウモリの2倍のエネルギーを消費することを発見した。また、感染したコウモリは血液の酸性度が比較的高く、酵素の働きが阻害され、脱水症状を起こすことがわかった。 この結果は昨年12月、「BMC Physiology」誌に発表された。

 ウィスコンシン大学マディスン校獣医学部の博士課程に在籍する論文の筆頭著者、ミシェル・ヴェラント氏は、コウモリの体内に起きるこのような変化は感染の初期に見られるという意外な事実に気づいた。日中に飛行する、冬眠から頻繁に目覚める、 また羽や鼻がカビで覆われるなど、 明らかな病気の徴候が現れるのはその後である。

「病気の徴候が現れる前から生命を脅かす変化が見られるので、白い鼻症候群はより慢性的な疾患であると考えられます」とヴェラント氏は説明する。カビは冬の間中、コウモリからエネルギーを吸い取って生命力を奪い、その後、異常行動を起こさせて病状を悪化させるという。

ウィスコンシン州の洞窟で冬眠するトビイロホオヒゲコウモリの鼻を覆う白いカビ。この病気でトビイロホオヒゲコウモリを含む何種かのコウモリが激減している。(Photograph By Stephen Alvarez, National Geographic)

何度でも感染する

 白い鼻症候群は冬眠中のコウモリにしか悪さをしない。このカビは華氏40~50°F(摂氏4~10℃)の低温で湿度の高い環境を好む。コウモリが冬眠をする洞窟の環境はまさにうってつけだ。ペンシルバニア狩猟委員会の野生動物学者、グレッグ・ターナー氏によると、洞窟の中には湿度が 99~100%に達するものがあるという。

 感染したコウモリが冬を越した場合、カビによる羽のダメージがそれほど大きくなく、餌を探す力が充分にあれば回復できるとターナー氏は言う。同氏は今回の研究には参加していないが、同僚と共に冬眠から醒めるときに水と餌を与えてコウモリの体調を回復させることに成功している。

 しかし、今回の論文筆頭著者、ヴェラント氏によると、白い鼻症候群にかかったコウモリが冬を越すことができても、翌年の冬に再び症状が悪化しない保証はない。コウモリはカビへの免疫をつくらないため、何度でも悪くなる恐れがある。

 5年続けて再感染したコウモリもいるとヴェラント氏は付け加えた。

かすかな希望

 コウモリは過去数年間、このカビに脅かされていたが、幸いなことに適応し始めているとターナー氏は述べている。ニューヨーク州およびペンシルバニア州のいくつかの地域では、コウモリの個体数の減少はこれまでよりも緩やかになっているという。さらに、生き残った生体には冬眠に入る前に体脂肪をより多く蓄えるものがいることを突き止めた。

 新しい地域に進出したカビは、ヒトまたは感染したコウモリを媒介して広がり、約2年の間に特定の種のコウモリを大量死させる。種によってこの病気への感受性に違いがあり、トビイロホオヒゲコウモリは低温で湿度の高い洞窟を好むため、特に感染しやすい。

 ターナー氏は、白い鼻症候群が広がってから2年ほど経過すると死亡率が下がり始め、およそ6年で落ち着くようだと述べている。死亡率が低下するのは生き延びるコウモリの個体数が多くなっているためか、あるいは新しいコウモリの個体がこの地域へやって来ているためなのかは明らかでない。

「コウモリは最悪の状況から脱し、今後、死亡率はきっと下がって行くと期待できます。私たちはデータの分析を急いでいます」と同氏は語った。

文=Jane J. Lee/訳=キーツマン智香

  • このエントリーをはてなブックマークに追加