第117話 オリバー爺さんの森からの授業

 私はしばらくそのムースの足跡を見つめると、それに背を向けてスノーモービルに飛び乗った。

 やはり、ここが人間と野生との境目なのだ。

 これ以上無理して前進することは、その境を侵すことにもなるのだ。

 私は未練も心残りもなく、スノーモービルのアクセルを握り、走り出した。

 トーニャが言っていたとおり、一晩で道が固まり、走りやすくなっていた。

 到底登れないだろうと思っていた急な坂の雪も硬く締まり、スノーモービルがしっかりと雪面を捉えていく。

 途中、丘の上にある罠師の避難小屋に寄り、トーニャはその屋根に上って、無線アンテナを立てて、今回のチャレンジの断念を、周囲の住人たちに伝えた。

 そしていつか、再び必ず、オリバー爺さんのソッドハウスを見に行けることを、深く願った。

 たとえ朽ちて、森の土に戻ろうと、いつかきっと。

 長い道のりをひた走り、ロッジに戻って来ると、すっかり夜になっていて、スティーブが温かいスープを作って待っていてくれていた。

 そして彼は、その夜、こんな話をしてくれた。

(写真クリックで拡大)