第117話 オリバー爺さんの森からの授業

 焚き木はもはや小さくなっていて、昨夜と同じく、凍った揚げドーナツにジャガイモ、ソーセージを温めた。

 横に座るトーニャの顔を見ると、目の下にクマを溜めて、やつれていた。

 昨夜は、結局一睡もできずに、焚き火のそばで火を突きながら朝を待っていたのだという。

 あまりにも動かずに寝ている私に不安になって、死んでいないかと、私の寝息を何度も確認したのだという。

 私には、半目を開けて死体のように寝る友人がいるが、私もまた疲れていると、ほとんど寝返りを打たずに、布団の中のご遺体様のように寝てしまうことがある。

 そんな私にトーニャは、

「イビキぐらいかいでくれれば、楽なのに」と笑った。

 そして彼女は、疲れ切った深い息を吐いて、
「朝食を食べ終えたら、野営をたたんで、ロッジに戻りましょう」と言った。

 私も賛成だった。

 残念だけれど、やはりスノーモービルでは、オリバー爺さんのソッドハウスまで辿りつくことができない。

 パワフルな人工の利器をもってしても、この過酷な自然の中では、ただの鉄の塊に他ならないのだ。

(写真クリックで拡大)