(写真クリックで拡大)

 そのドキュメンタリーを見て、窪寺先生が20年もダイオウイカを追ってきたと知り、感動して先生のファンになってしまいました。あの映像は、本当にすごかった。

 僕も科学博物館の展示を見て、生きたダイオウイカを一度は見たいと、以前から思っていたので、先生のダイオウイカの捕獲や撮影の成功を、我がことのように思えていました。その気持ちをお会いしたときに伝えられてうれしかったです。

――『飛び出せ!科学くん』や『アイ・アム・冒険少年』では、いろいろな生き物の研究者に会う機会があるのでしょう。

 そうですね。『飛び出せ!科学くん』では、番組収録後に千石正一先生(動物学者、故人)と食事に行って、そのときに爬虫類や両生類のさまざまなおもしろい話を伺いました。いつもその時間が楽しかった。モグラ博士の川田伸一郎先生の話もおもしろかったですね。

 研究者や動物園・水族館の飼育員の方からは、図鑑や本で読むのとは違った現場での話を聞くことができますから、その時間はとても貴重です。

――『アイ・アム・冒険少年』では、田中さんなど出演者から企画を出すこともあるんですか?

この連載の前回の
記事を見る