アフリカのサバンナにいるライオンとは、現れるときの感じもかなり違うでしょうね。サバンナは見通しがいいから遠目でもいるのが見えるでしょう。でも、密林のなかでは、近くに来るまでなかなか姿が見えない。木陰からヌッと現れてくるのでしょうから。

 鳴き声も大きいだろうな。ジャングルのなかではどんなふうに聞こえるんでしょうね。

――映画で最も印象に残っているシーンは何ですか。

 ひとつひとつのシーンというより、全編で動物たちが見せる表情ですね。とくに主人公、フサオマキザル“サイ”の表情の豊かさ。そのときの感情が、映像から見てとれるんです。そこに一番驚きました。

 この映画は、ぜひ親子で見てほしい。アマゾンのジャングルは簡単に行けるところではないし、映像で見る機会もそうあるわけではないですから。

 ジャングルの美しさを感じて、生き物に興味を持ってもらえればうれしく思います。

――最後に、生き物や自然に対する思いをうかがいましょう。

映画『アマゾン大冒険』より(C) 2013 BILOBA Films - GULLANE - GEDEON Programmes - France 2 Cinema - GLOBO Filmes - IMOVISION - LE PACTE(写真クリックで拡大)

『アマゾン大冒険~世界最大のジャングルを探検しよう!~』
(C) 2013 BILOBA Films - GULLANE - GEDEON Programmes - France 2 Cinema - GLOBO Filmes - IMOVISION - LE PACTE
■2015年1月17日(土) 角川シネマ新宿、全国イオンシネマ(一部劇場を除く)ほか全国ロードショー

(つづく)

田中直樹(たなか なおき)

1971年大阪府生まれ。遠藤章造とお笑いコンビ・ココリコボンバーズを結成。その後、ココリコに改名。サメなど生き物好きであることから、動物番組のMCを担当することも多い。現在は「アイ・アム・冒険少年」(TBS)、「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!」(日本テレビ)、「いきなり!黄金伝説。」(テレビ朝日)などバラエティやドラマなどで活躍。出演中。2015年1月公開の映画『アマゾン大冒険~世界最大のジャングルを探検しよう!~』では、初めてナレーションに挑戦。


高橋盛男(たかはし もりお)

1957年、新潟県生まれ。フリーランスライター。自動車専門誌の編集を手がけたのちフリーライターに。JR東日本新幹線車内誌「トランヴェール」、プレジデント社「プレジデント」「プレジデントファミリー」などに執筆。

この連載の前回の
記事を見る

この連載の次の
記事を見る