出会ったイタチザメは体長2.5~3メートルくらい。何でも食べる獰猛なサメで、人を襲った記録もたくさんあります。このときの個体は、たぶん交尾を終えたばかりのメスだと思います。体中にオスにつけられた噛み跡がありましたから。お腹もすかしていたと思う。

――ヨゴレザメとはどこで出会ったのですか?

 これも番組のロケで、場所はハワイ島の沖。水深が1000メートルはあるという外洋でした。クジラのコビレゴンドウがいたので、それを見ようとシュノーケリングで海に入ったら、ヨゴレザメが1匹出てきたんです。コビレゴンドウにヨゴレザメがついてくることはよくあるそうです。好奇心が強く貪欲で、人間にとっても危険度の高いサメだといわれています。

 その海域は、透明度がものすごく高くて、海中深く見通せるのですが、底は真っ暗。ヨゴレザメは外洋に生息するサメですから、彼のテリトリーに立ち入ったんだと思ったら、ビリッと体に電気が走るような感覚がありました。

 そのとき、ガイドに背中を叩かれて振り向いたら、ヨゴレザメがもう1匹いたんです。前後を挟まれたかたちです。でも、透明度が良くてサメの姿がよく見えるから、危険だとわかっていても、つい見入ってしまうんですね。

「船に戻りなさい」とガイドに促されて、やむなく戻ったのですが、できることなら、ずっと見ていたいと思いました。

――田中さんのサメ好きぶりがよくわかりました。続いて、今年遭遇した大発見の話をうかがいましょう。

(写真クリックで拡大)

『アマゾン大冒険~世界最大のジャングルを探検しよう!~』
(C) 2013 BILOBA Films - GULLANE - GEDEON Programmes - France 2 Cinema - GLOBO Filmes - IMOVISION - LE PACTE
■2015年1月17日(土) 角川シネマ新宿、全国イオンシネマ(一部劇場を除く)ほか全国ロードショー

(つづく)

田中直樹(たなか なおき)

1971年大阪府生まれ。遠藤章造とお笑いコンビ・ココリコボンバーズを結成。その後、ココリコに改名。サメなど生き物好きであることから、動物番組のMCを担当することも多い。現在は「アイ・アム・冒険少年」(TBS)、「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!」(日本テレビ)、「いきなり!黄金伝説。」(テレビ朝日)などバラエティやドラマなどで活躍。出演中。2015年1月公開の映画『アマゾン大冒険~世界最大のジャングルを探検しよう!~』では、初めてナレーションに挑戦。


高橋盛男(たかはし もりお)

1957年、新潟県生まれ。フリーランスライター。自動車専門誌の編集を手がけたのちフリーライターに。JR東日本新幹線車内誌「トランヴェール」、プレジデント社「プレジデント」「プレジデントファミリー」などに執筆。

この連載の次の
記事を見る