シファクティヌス

Xiphactinus audax
シファクティヌス
Copyright © MMVII NGHT, Inc.
(写真クリックで拡大)
早わかり

分類: 先史時代の生物
保護状態: 絶滅
食性: 肉食
体長: 全長 最大 5 メートル
カンザス州の博物館に展示されているシファクティヌスの体の中には魚が丸ごと入っている。捕らえられた魚が飲み込まれた際に内臓の中で暴れ、シファクティヌスを死に至らしめたと考えられている。

バスとの比較

プロフィール

 シファクティヌスは、白亜紀後期の最も大きな硬骨魚の一種で、海の中で最も獰猛な生物であったと考えられている。体長5メートルのこの怪物は、強靭なしっぽと翼のような胸ビレを使い、海面付近を素早く動き、上向きのアゴで魚や無防備な海鳥たちを捕らえた。アゴに犬歯のような巨大な歯が並んでいたことから、ブルドッグに似ているとも言われている。

  体長4メートルのシファクティヌスは、口を非常に大きく開けることができ、体長2メートルの魚を丸ごと飲み込むこともできた。しかし、シファクティヌスがクレトクシリナというサメの餌食になる場合もあった。

  シファクティヌスは、かつて北アメリカを東西に二分していた「Western Interior Seaway」という白亜紀の海に生息していた。はるか昔に絶滅したシファクティヌスだが、もし今日も生き残っていたとすれば、キバを持つ巨大な魚、ターポンに似ていたと考えられる。

動物大図鑑トップへ