アンモナイト

Ammonoidea
アンモナイト
Copyright © MMVII NGHT, Inc.
(写真クリックで拡大)
早わかり

分類: 先史時代の生物
保護状態: 絶滅
食性: 肉食
体長: 1 メートル
メスのアンモナイトはオスの4倍にも成長するが、これは産卵するスペースを殻の中に確保するためだと考えられる。

成人男性(180cm)との比較

プロフィール

 アンモナイトは、コイル状の殻の中で生きる、イカに似た生物だった。ほかの頭足類と同様に、環状の触手の内部に鋭いクチバシのような吻(ふん)を持つ。小魚や甲殻類といった獲物を巧妙に捕らえるため、殻の内部から吻を伸ばす。中には1メートル以上に成長するものもいた。巨大なモササウルス科のティロサウルスにとっては、ちょっとしたスナック菓子のようなものであった可能性も想像できる。

 

 アンモナイトは成長するにつれて、新しい殻を形成するが、外側の気室のみで生き、体から水を噴射させることにより、暖かで浅い海中を勢いよく泳いでいた。連室細管と呼ばれる細い管のような構造は、空気を入れたり出したりするために内側の気室にも通じており、水中での移動に役立った。

 

 約2億4000万年前に出現したアンモナイトの先祖は、約4億1500万年前のデボン紀に誕生したバクリテスと呼ばれる直線状の殻を持つ頭足類だ。アンモナイトは多産系で、群れを成して生息していた生物である。最も大量に発見される化石の1つだが、6500万年前に恐竜とともに絶滅した。さまざまなアンモナイトが何世代にも渡り出現していたので、殻の形状や大きさがほかの生物より多様だ。このことは、恐竜などほかの化石の年代を測定するのに役立つ。

動物大図鑑トップへ