ニジマス

Oncorhynchus mykiss
ニジマス
Photograph by Michael S. Quinton
(写真クリックで拡大)
早わかり

分類: 魚類
保護状態: なし
食性: 肉食
寿命: 野生: 4 ~ 6 年
体長: 50 ~ 76 センチ
体重: 4 キログラム
記録にある最大のニジマスは体重25.8キロで、11歳と推定されている。

ティーカップとの比較

分布

プロフィール

 ニジマスはもともと、北アメリカのロッキー山脈西部の川と湖だけに生息していた。しかし、ゲームフィッシングの対象として重宝されたこと、また肉がおいしいことから、ニジマスの分布は世界中に広がった。

  ニジマスは生息地や年齢、産卵状況によって幅広く異なる色や模様を持った美しい魚である。魚雷のような形をしており、一般に腹部は白で、脇腹にはピンク色の線、背中とヒレに小さな黒点のある、青緑または黄緑の体をしている。サケ科の一種で、平均体長は50~75センチ程度、平均体重は約3キロだが、体長約1メートル、体重20キロ以上にまで成長することもある。

  冷たく澄んだ川や小川、湖を好むが、故郷の淡水を離れ、川を下って海に出るものもいる。海を回遊する成魚は、銀色の模様が目立つためにスチールヘッドトラウトと呼ばれるが、数年間海で暮らした後、産卵のために必ず故郷の小川に戻ってくる。

  ニジマスのエサは、昆虫や甲殻類、小魚などだ。生息数は世界中で非常に多く、特別な保護下には置かれていない。しかし現在、一部の分布地域では外来有害動物とみなされている。

動物大図鑑トップへ