イタチザメ

Galeocerdo cuvier
水面直下を泳ぐイタチザメ
Photograph by Bill Curtsinger
(写真クリックで拡大)
早わかり

分類: 魚類
保護状態: なし
食性: 肉食
寿命: 野生: ~ 50 年
体長: 3.25 ~ 4.25 メートル
体重: 380 ~ 630 キログラム
ごみでも何でも目に入ったものは飲み込むイタチザメは「海のごみ箱」と呼ばれる。

成人男性(180cm)との比較

分布

プロフィール

 イタチザメは英語で「tiger shark」と言うが、これは幼魚に見られる黒い横じま(垂直方向のしま)模様に由来する。しま模様は成長するにつれて薄くなり、ほとんど見えなくなる。イタチザメは、世界中の熱帯および亜熱帯の海域に多く生息しており、大型のイタチザメは体長6~7.5メートル、体重900キロ以上にまで成長する。

  鼻先が丸くなっているイタチザメは人食いザメとして悪名高く、ホホジロザメの次に人を襲う危険性が高いサメである。ただし、ホホジロザメは人間にかみついてもすぐに泳ぎ去ることが多いが、イタチザメはほとんど見さかいなく何でも食べるため、かみつかれただけですむ可能性は低い。

  イタチザメは優れた視覚と嗅覚を持っていて、鋭いのこぎり状の歯と力強いアゴでウミガメの甲羅や貝の殻を砕いて食べることができる。捕獲されたイタチザメの胃袋からは、アカエイやウミヘビ、アザラシ、鳥、イカ、さらには車のナンバープレートや古いタイヤなどが見つかっている。

  イタチザメは、ヒレや皮、肉、肝臓を利用するために、大量に捕獲されている。イタチザメの肝臓にはビタミンAが豊富に含まれており、加工してビタミン油として利用される。イタチザメの繁殖率は非常に低いため、捕獲されることで生息数は急激に減ってしまう。そのため、準絶滅危惧種として指定されている。

動物大図鑑トップへ