アカオノスリ

Buteo jamaicensis
着地しようとしている若いアカオノスリ
Photograph by Rich Reid
(写真クリックで拡大)
早わかり

分類: 鳥類
保護状態: なし
食性: 肉食
寿命: 野生: 21 年
体長: 胴体 45 ~ 65 センチ; 翼長 約 1 メートル
体重: 690 ~ 1,460 グラム
アカオノスリは相手を威嚇する際、体と頭部を起こして直立の姿勢を取り、羽毛を逆立てる。

成人男性(180cm)との比較

分布

プロフィール

 美しい鳥アカオノスリは、北米で最もよく見られるタカの仲間だ。生息域は北アメリカ大陸全域および中央アメリカ、西インド諸島におよぶ。科学的調査によって初めて確認された場所はジャマイカだった。アカオノスリはレンガ色の尾を持つことで知られるが、実はさまざまな色の尾を持つ亜種が14種存在する。

  猛禽類に分類されるアカオノスリは、鋭い目を持つ有能なハンターだ。草原や砂漠などの開けた場所を好み、見通しの良い高所に止まって付近に潜む獲物を狙う。その一方で、さまざまな環境に適応できるため、山地や熱帯雨林にも生息している。人間の居住地に住みつくことさえある。電柱の上に止まり、道端の開けた場所を利用して狩りをする。ネズミやジリス、ウサギ、爬虫類などの獲物に狙いを定め、急降下して捕える。

  繁殖期になると、彼らは空中アクロバットを展開する。まずオスとメスが大きな円を描きながら空高く舞い上がる。そこからオスは急降下し、すぐに急上昇して、円を描いていた場所へと戻る。その後、かぎ爪でお互いをつかみ合うと、らせん形を描きながら地上に向かって落下していく。

  アカオノスリは一夫一婦制をとり、生涯つがいの相手を変えないこともある。木の枝を集めて高所に巣を作り、メスは毎年1~5個の卵を産む。つがいは協力して4~5週間ほど卵を温め、卵が孵化してから巣立つまでの約6週間、ヒナにエサを運ぶ。

動物大図鑑トップへ