ホエザル

Alouatta caraya
樹上のクロホエザル
Photograph by Joel Sartore
(写真クリックで拡大)
早わかり

分類: 哺乳類
保護状態: なし
食性: 雑食
寿命: 野生: 15 ~ 20 年
体長: 頭胴長 56 ~ 91 センチ; 尾 58.4 ~ 91.4 センチ
体重: 7 ~ 10 キログラム

成人男性(180cm)との比較

分布

プロフィール

 ホエザルは、中央アメリカや南アメリカの熱帯地域で見られ、その耳障りな鳴き方にふさわしい名前が付けられた。夕暮れや夜明けに多くのホエザルがいっせいに鳴き声を上げると、その大音響は5キロ先まで届く。ホエザルのオスは、その独特の鳴き声を大きくするのに役立つ大きな喉と、声を溜めるための貝に似た独特ののど袋を持っている。鳴き声は、そのエリアが既に1つの群れによって占められているというメッセージをほかの群れに伝えているのだ。

 ホエザルは、南アメリカに生息する新世界ザルの中で最大である。アジアやアフリカに生息する旧世界ザルと異なり、ホエザルを含む新世界ザルは、横に大きく広がった鼻と平らな尻を持っている。ホエザルは尾で物を掴んだり枝にぶら下がったりすることができ、地上に降りることはあまりない。ホエザルは、主なエサとなっている木の葉を食べながら、木の上に留まることを好む。
 
 ホエザルの特徴はふさふさしたヒゲと体毛だ。黒い体毛や茶色、赤毛のホエザルがいるが、赤毛のホエザルが最もよく知られている。野生動物の肉を求めるハンターの標的となっており、ある種のホエザルは、深刻な絶滅の危機にさらされている。

動物大図鑑トップへ