Camelus bactrianus
フタコブラクダ
Photographed at Lincoln Children's Zoo in Nebraska
Photograph by Joel Sartore, National Geographic Photo Ark
(写真クリックで拡大)
早わかり

分類: 哺乳類
IUCNのレッドリストによる
危機の評価:
近絶滅種
食性: 草食
寿命: 野生: ~ 50 年
体長: 2 メートル以上
体重: 約 800 キログラム
フタコブラクダは12カ~14カ月の妊娠期間を経て、たいてい、1頭の子どもを生む。

成人男性(180cm)との比較

分布

プロフィール

 アラビア地域に生息するラクダのコブは1つだけなのに対し、フタコブラクダにはコブが2つある。彼らのコブは、水や食物が手に入らないときに水分とエネルギーに変換される脂肪を蓄積する機能を果たす。おかげで、ラクダは厳しい砂漠環境でも水なしで長期間移動できるという驚異的な能力を持つ。ヒトコブラクダと同様にほとんど汗をかかないため、長い間水分を保持できる。

  冬の間はエサの植物に含まれる水分だけで、数週間も水を飲まずに生存できる。内部の脂肪分がなくなってくると、コブは柔らかくたるんでくる。それでも水を飲むときには、まるでスポンジが水を吸い上げるように大量の水を補給する。非常にノドが渇いた状態のラクダは、たった10分間で100リットル以上の水を飲んでしまう。

  フタコブラクダは、地形が常に変わるサハラ砂漠ではなく、中央アジアや東アジアの岩だらけの荒地で生きている。これらの地域では、夏には気温40℃近くまで暑くなるが、冬にはマイナス30℃にまで低下する。このような厳しい環境で生き延びるために、彼らは特別な適応力を発達させてきた。その1つが、冬の寒さから身を守るための太くて長い毛である。この毛は季節が変わり気温が上昇するにしたがって抜け落ちる。

  ヒトコブラクダと同様に、砂が入らないよう鼻腔をふさぐことができ、ぼさぼさのまゆ毛と長い二重のまつ毛が目を保護している。大きくて平らな足裏は、荷物や自らの重さで足が沈むことなく岩だらけの荒地を歩くのに適している。

  完全に野生の状態で現存するラクダは、フタコブラクダだけだ。その群れはモンゴルと中国にまたがるゴビ砂漠で生き延びているが、個体数は現在1000頭以下である。

草原のフタコブラクダ
Photograph by George F. Mobley
(写真クリックで拡大)

この連載の前回の
記事を見る

この連載の次の
記事を見る