ヒョウアザラシ

Hydrurga leptonyx
南極のヒョウアザラシ
Photograph by John Eastcott and Yva Momatiuk
(写真クリックで拡大)
早わかり

分類: 哺乳類
保護状態: なし
食性: 肉食
寿命: 野生: 12 ~ 15 年
体長: 3 ~ 3.5 メートル
体重: 最大 380 キログラム

成人男性(180cm)との比較

分布

プロフィール

 ヒョウアザラシという名前はその黒い斑点のある体毛に由来している。体色は灰色だが、その模様は大型ネコ科動物のヒョウを思わせる。そのため「海のヒョウ」とも呼ばれるが、その類似点は体毛だけではない。ヒョウアザラシは、ヒョウと同じように、獰猛な捕食動物なのである。アザラシ科の中で最も恐るべきハンターであり、唯一、恒温動物(気温や水温にかかわらず体温を一定に保つことのできる動物)も捕食する。その強靭なアゴと長い歯を使って、小型のアザラシや魚、イカを捕える。

 このしなやかな捕食動物は、ペンギンを捕らえることのできる極寒の南極や亜南極水域に生息している。しばしば、氷と海の境目近くの海中にひそみ、氷の上から飛び込んできた瞬間の鳥を襲ったり、水面に浮かんでいる海鳥を強力なアゴで下からかみついて捕らえる。また、甲殻類もヒョウアザラシにとっては重要なエサだ。

 耳はなく、3~3.5メートルほどの長い胴体と細長く大きな頭部を持つ。ほかのアザラシと同様、分厚い脂肪層によって冷たい海水から体を保護している。ヒョウアザラシのヒョウ柄の体毛は、近縁種であるオットセイのように、毛皮を目的とした商業捕獲の対象とはなっていない。

動物大図鑑トップへ