Dugong dugon
水中のジュゴン
Photograph by OSF/D. Fleetham/Animals Animals—Earth Scenes
(写真クリックで拡大)
早わかり

分類: 哺乳類
保護状態: 絶滅の恐れ
食性: 草食
寿命: 野生: 70 年
体長: 約 3 メートル
体重: 約 500 キログラム

成人男性(180cm)との比較

分布

プロフィール

 巨大な草食動物であるジュゴンは、紅海やインド洋、太平洋などを含む東アフリカからオーストラリアまでの温暖な沿岸水域に生息している。マナティの仲間とされ、それぞれ外見や行動は似ているが、ジュゴンの尾はクジラの尾に似た形をしている。外見も行動もまったく似ていないが、いずれも巨大な陸上動物である象の仲間である。
 
  ジュゴンは昼夜を問わず水中の水草を食む。敏感な鼻で掘り起こし、硬い唇でムシャムシャと食べる。彼らは6分間水中に潜水することができる。尾ヒレを使った「立ち泳ぎ」によって頭部を水面から出し、息継ぎをすることもある。ジュゴンはほとんどの時間を単独またはつがいで過ごすが、時には100頭にもおよぶ巨大な集団になることもある。
 
  メスは約1年間の妊娠期間を経て子を1頭出産する。出産直後、母親は産まれたての赤ん坊を息ができるように水面まで誘導する。幼いジュゴンは約18カ月間を母親のそばで過ごし、ときどき母親に抱かれることもある。
 
  動きの緩慢なジュゴンは、彼らの肉や油、皮、骨、歯などを狙う近海の猟師たちによって簡単に捕獲されてしまう。ジュゴンは現在、全生息域で法律により保護されているものの、生息数は依然として少ないままである。
 
  ジュゴンは古代の航海物語に出てくる人魚やギリシャ神話のセイレーンのモデルと言われている。

この連載の前回の
記事を見る

この連載の次の
記事を見る