Ovibos moschatus
ジャコウウシ<br>photographed at University of Alaska in Fairbanks,Photograph by Joel Sartore, National Geographic Photo Ark
ジャコウウシ
photographed at University of Alaska in Fairbanks,Photograph by Joel Sartore, National Geographic Photo Ark
[画像をタップでギャラリー表示]
早わかり

分類: 哺乳類
IUCNのレッドリストによる
危機の評価:
低危険種
食性: 草食
寿命: 野生: 12 ~ 20 年
体長: 肩高 1.2 ~ 1.5 メートル
体重: 227 ~ 363 キログラム

成人男性(180cm)との比較

分布

プロフィール

 極北のツンドラを、植物の根やコケ類を求めて歩き回るジャコウウシ。冬にはひづめを使って雪の中から植物を掘り出して食べる。夏は特に水辺で花や草を食べて栄養を補給する。

 ジャコウウシは何千年も前から北極圏で暮らしていて、長くもじゃもじゃとした体毛は極寒の気候にうまく適応している。外側の長い毛が下層の短い毛を覆っている構造で、短い毛が冬に断熱の役割を果たす。冬の終わりに気温が上がるにつれて下毛は抜け落ちる。

 ジャコウウシは群れを作り、1頭のメスが数十頭を率いることもある。メスの妊娠期間は8カ月だ。生まれた子ウシは、出産後数時間で母親と群れの仲間に自力でついていけるようになる。群れは、協力し合ってオオカミなどの襲撃から身を守る。襲われたときは、子を取り囲んで円陣を組み、鋭いツノを外側に向けて敵に対抗する。追い詰められたジャコウウシはその巨体で突進し、ツノを使って相手に致命傷を与えようとする。

【動画】ジャコウウシ対オオカミ
ホッキョクオオカミの群れから子を守ろうとするジャコウウシ。(解説は英語です)

 そのような防衛策も人間のハンターが相手のときはそれほど役に立たず、皮や肉を目当てに多くのジャコウウシが殺されてきた。現在、アラスカ、ノルウェー、およびシベリアでは法的に保護されており、群れは保護区で暮らしている。

雪の中のジャコウウシ
Photograph courtesy U.S. Fish and Wildlife Service
(写真クリックで拡大)
関連記事 なぜ?脳を損傷しても頭突きを繰り返すジャコウウシ 極寒の原野でホッキョクオオカミと対峙した 夕日を浴びるジャコウウシの群れ

おすすめ関連書籍

オオカミの知恵と愛

ソートゥース・パックと暮らしたかけがえのない日々

オオカミと寝起きをともにした夫妻による、発見と感動の記録。人間も見習うべき、オオカミの賢さと愛の深さ。

定価:2,090円(税込)

この連載の前回の
記事を見る

この連載の次の
記事を見る