Eschrichtius robustus
観光客が見守る中、北東太平洋でジャンプするコククジラ<br>Photograph by Konrad Wothe, Minden Pictures/Nat Geo Image Collection
観光客が見守る中、北東太平洋でジャンプするコククジラ
Photograph by Konrad Wothe, Minden Pictures/Nat Geo Image Collection
[画像をタップでギャラリー表示]
早わかり

分類: 哺乳類
IUCNのレッドリストによる
危機の評価:
低危険種
食性: 雑食
体長: 12.2 ~ 15.3 メートル
体重: 約 30 トン

バスとの比較

分布

プロフィール

 コククジラは、頭部や背中に寄生動物やほかの生物が付着していることが多く、海中の岩のように見える。最も長い距離を回遊する動物の1つで、群れを形成して夏場の生息地であるアラスカ水域から、冬はより暖かいメキシコ沿岸まで往復約2万キロを回遊するものもいる。南方や温暖な気候の浅瀬で越冬して子を産む。別の個体群は東アジア近海に生息している。

 鼻づらで海底の泥を舞い上げ口にふくむと、上アゴのくし状のヒゲを使ってこし取り、泥の中に潜む小さな生物を食べる。ヒゲ1本の長さは40センチ以上になり、人間のツメと同じくらいの硬さがある。かつては、女性のコルセットや傘骨として利用されていた。

 ほかのクジラと同様に呼吸のため水面に浮上するので、回遊中の群れは北米の西海岸でもよく目撃される。かつては広い範囲で捕獲され、20世紀初頭には絶滅の危機に瀕していた。現在は国際法で保護されており、生息数は増加している。1994年には米国の絶滅危惧種リストから除外されるまでになった。

水面に頭を出すコククジラ
Photograph courtesy NOAA
(写真クリックで拡大)
関連記事 ギャラリー:クジラの世界 写真14点 クジラの口の中に入ってしまったら人間はどうなる? 私たちが知らない「クジラの世界」 南半球で初観測のコククジラ、地球を半周超、最長移動記録か 【フォトギャラリー】伊豆諸島で見つかった希少なコククジラ 眼前で激写! 人懐こいコククジラのすむ海、メキシコ

おすすめ関連書籍

PHOTO ARK 動物の箱舟

絶滅から動物を守る撮影プロジェクト

世界の動物園・保護施設で飼育されている生物をすべて一人で撮影しようという壮大な挑戦!

定価:3,960円(税込)

この連載の前回の
記事を見る

この連載の次の
記事を見る