Zalophus californianus
カリフォルニアアシカ
Photographed at Indianapolis Zoo in Indiana
Photograph by Joel Sartore, National Geographic Photo Ark
(写真クリックで拡大)
早わかり

分類: 哺乳類
IUCNのレッドリストによる
危機の評価:
低危険種
食性: 肉食
寿命: 野生: 30 年
体長: 1.7 ~ 2.2 メートル
体重: 280 ~ 390 キログラム
カリフォルニアアシカは最大30時間連続で狩りを続けることがある。その際、毎回3~5分間潜る。

成人男性(180cm)との比較

分布

プロフィール

 鼻にボールを乗せて上手にバランスをとったり輪をくぐり抜けたりする、ショーでおなじみのアシカ。

  野生のカリフォルニアアシカの体毛は滑らかで、ほかのアシカやアザラシよりも速く泳ぐ。最大時速40キロで泳ぐことができ、ほかのアシカと違ってライオンのようなたてがみはない。

  カリフォルニアアシカは、北米西部の岩がちな海岸やガラパゴス諸島近海にも生息している。繁殖や出産のために、海岸沿いの岩や人工的な建造物に大群を作る。オスはメスを集めてハーレムを作る。

  アシカの祖先は、クジラやイルカの祖先同様、陸上で暮らしていた。現代の子孫は水中に適した流線形の体をしており、力強いヒレ足を持っている。うしろ足を前に回転することができるため、地上で驚くほど器用に動くことができる。また、冷たい海水から体を守るために、何層もの分厚い脂肪が体を覆っている。

  カリフォルニアアシカは、深く潜水するときには心拍数を下げるため、次の息継ぎまでに10分近く潜っていることができる。この能力のおかげで、主食の魚やイカ、貝類を探しやすい。

岩上のカリフォルニアアシカ
Photograph by Macduff Everton
(写真クリックで拡大)

この連載の前回の
記事を見る

この連載の次の
記事を見る