オットセイ

Arctocephalinae
陽射しの中のニュージーランドオットセイ
Photograph by Maria Stenzel
(写真クリックで拡大)
早わかり

分類: 哺乳類
保護状態: なし
食性: 肉食
寿命: 野生: 12 ~ 30 年
体長: 1.2 ~ 3.1 メートル
体重: 最大 317 キログラム
オットセイの母子は、聞きなれた鳴き声でお互いを見つける。アラスカでの研究で、オットセイの母子は、4年間離れた後でも、互いの鳴き声を認識できたことが分かった。

成人男性(180cm)との比較

分布

プロフィール

 オットセイの種は多く、その毛皮はどれもハンターにとって非常に魅力的だ。冷たい北の海で見られる大型のキタオットセイは、19世紀に狩猟によって絶滅の危機に瀕した。しかし、1911年に法律で保護され、一時は130万頭まで個体数が回復した。

  ミナミオットセイは8種類いる。すべてがキタオットセイに比べて小型だ。ミナミオットセイにはメキシコのバハ・カリフォルニア州に生息するグアダルーペオットセイをはじめ、ミナミアフリカオットセイ、ミナミアメリカオットセイ、オーストラリアオットセイがいる。

  オットセイは、よく見える目と鋭い耳を持っている。小さな耳たぶがあり、そこがアザラシとは異なる。肺呼吸をするが、ほとんど水中で暮らしており、魚やイカ、鳥、エビに似た小さなオキアミを食べるときには、数週間を海の中で過ごすこともある。単独、または小さな集団を作って行動する。

  しかし繁殖期になると、ものすごい数のオットセイが海岸に集まる。力のあるオスは、ライバルたちと争いながらも縄張りを拡大していき、最高約40頭のメスを集めてハーレムを作る。この時期の海岸線は、ほえたり、うなったり、鳴いたりするオットセイでいっぱいになる。この繁殖期にメスは子どもを産み、その数日後に再び交尾をする。翌年、約1年間の妊娠期間を経て戻ってきたメスは子を1頭産み、そして再び交尾をする。そのサイクルを繰り返す。

  オットセイの個体数は乱獲で減少してから回復しておらず、現在は気候の変化と魚類の乱獲によるエサ不足で、さらなる危機に直面している。

動物大図鑑トップへ