49メートルのダイオウイカは偽物だった

2014.01.15
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カリフォルニア州で見つかったとされるダイオウイカの偽造写真。(Screenshot from Lightly Braised Turnip, www.lightlybraisedturnip.com)

 49メートルもの化け物ダイオウイカの画像がソーシャルメディア上を飛び交ったが、やがて偽物と判明した。

 カリフォルニア州サンタモニカの海岸に打ち上げられた巨大な深海生物の写真は先週、Webサイト「The Lightly Braised Turnip」上で風刺記事と共に掲載された。

 記事では、巨大イカをゴジラになぞらえ、おそらく日本の福島原子力発電所から出た放射線の犠牲と主張する。

 フェイスブックやツイッターで人々が噂のイカの画像を共有し始め、偽ダイオウイカは本物のごとく広まっていった。

 このような噂を調査するWebサイト「snopes.com」のスタッフは、サンタモニカの海岸沿いを車で走行しながら確認を行ったが、ダイオウイカの姿はまったく見当たらなかった。また、「そのような話題を載せた地元報道機関の記事すらもなかった」と報告する。

 フリーライターのデイビッド・エメリー(David Emery)氏は、写真のイカは2013年10月にスペインの海岸に打ち上げられた9メートルのダイオウイカであると、「About.com」に書き込んだ。

 この偽造写真は、スペインのイカの写真を引き伸ばして、浜辺に立つ人々の写真に合成したものだ。

 ナショナル ジオグラフィックのニュースフォト編集者シェリー・ブルックバッカー(Sherry Brukbacher)氏は、「純粋な写真の観点から言って、イカのすべての影、とりわけ左側が不自然で、画像の信憑性をすぐに疑った」と述べた。

「イカの体は硬直しない限り地面に沿って平らになり、写真のように盛り上がらないはずだ。また、すべての輪郭が均一に滑らかなのが不自然」と、同氏は指摘した。

 ダイオウイカは、マッコウクジラ(学名Physeter macrocephalus)と戦えるほどの大きさがある。ダイオウイカが勝つこともあれば、クジラの腹の中に納まることもある。

 しかしながら、科学者によって計測された最も巨大なダイオウイカは、スミソニアン国立自然史博物館のWebサイトによると約12メートル。インターネットを席巻した49メートルのダイオウイカには到底及ばない。

文=Jane J. Lee

  • このエントリーをはてなブックマークに追加