第83回 トム・ブラウンの教え

 7月も下旬にさしかかると、日当りのいい岩棚の上や、森の下生えのなかに、ブルーベリーの実たちが、顔を覗かせるようになりました。

 高さが30センチもないような茂みで、まるまるとふくらんだ青紫色の粒が、房なりにぎっしりと肩を寄せあっています。

 その房の下に手をいれて、くすぐるように指先を動かすと、熟した実だけが手のひらに転がり落ちてきます。

 それを数回くり返すだけで、あっというまに片手いっぱいのベリーが集まります。

 そして、一気に頬張ると、さわやかな甘さの果汁が口の中に広がって、たまらない美味しさでした。

陽が沈んだばかりの森。茂みの向こうで何かが跳ねるのが見えた。そっと忍び寄ってみると、それはリンクス(=カナダオオヤマネコ)だった。(写真クリックで拡大)

 何度も口に運んでいるうちに、いくつかのベリーは、手のひらからこぼれて、地面にも落ちていきました。

 鳥や小動物に食べられるのもあるでしょうが、こうして落ちたベリーのうちのいくつかが、やがて芽を出し、ふたたび実をつけるのでしょう。

 いわば、ブルーベリーたちは、動物も、人間も、食べきれないほどの実をつけることで、さらに世界を広げて茂っていくのです。

 その気前の良さに、ぼくは自然の豊かさを感じずにはいられませんでした。

 そんなふうにして、森にブルーベリーが実る頃、ちょうどイリーの町では、その名もブルーベリー・アートフェスティバルという、1年でもっとも人が集まるお祭りが開催されようとしていました。