第81回 ブッシュ・キャンプ

 デレーチョによって倒されてしまった、無数の木を片付けていく毎日。

 持ち運べる大きさに切ったとはいっても、やはり生木の丸太はかなりの重さがありました。

 1日中運び続けていると、だんだん握力がなくなってきて、腕や足も、疲労で思うように動かなくなってきます。

 そして、朝起きるといつも、手のひらから、首や腰、そして、ふくらはぎまで、全身が筋肉痛でした。

冬支度に忙しいビーバー。食糧となる枝を運んできては、巣の近くに蓄えていく。(写真クリックで拡大)

 でも、しばらく撮影から離れて、汗だくになって体を動かしたことで、撮影の出来が悪かったことや、森が破壊されたショックから、すこしでも気を紛らわせることができました。

 しかも、嵐の片付けとはいえ、ジムといっしょに過ごす時間が増えたのは、ぼくにとって、とてもありがたいことでした。

 そのおかげで空を飛ぶこともできたし、ずっと憧れていた「ブッシュ・キャンプ」にも連れて行ってもらうことができたのです。

 ブッシュ・キャンプとは、スタジオの建物から1キロほど東に建てられた小屋で、写真集『ブラザー・ウルフ』と『Chased by the Light』の重要な撮影拠点です。

 ジムの家を探す手がかりとして持ってきた、あの手書きの絵地図にもしっかりと記されていて、もしもジムに会えたら、その小屋にもぜひ行ってみたいと夢見ていました。

 そして、その願いが叶ったのは、片付けを手伝っていたある日の、午後遅くのことでした。

 ジムが「ブッシュ・キャンプの様子を見にいこう」と言うと、ジュディが「ちょうどいいから、今夜はそこで夕食を食べましょう!」といって、ピクニックの準備をして、3人で出かけることになったのです。

2014年12月3日(水)日本橋 ギャラリーキッチンKIWIで、12月6日(土)学芸大学駅『平均律』、12月14日(土) 雑司が谷地域文化創造館(日本オオカミ協会主催)で、大竹英洋さんの講演及びトークライブが開催されます。くわしくはこちらのページをご覧ください。