――桝さんが通っていたのは東京にある中高一貫校の麻布学園。生物部ではチョウ班だったとのことですが、幼いころからチョウが好きだったのですか。

 チョウというより、昆虫全般ですね。
 でも、もともとはインドア派なんですよ。テレビゲームが好きで、放っておけば何時間でもやっているような子どもでした。

 昆虫が好きになったのは、なぜでしょうね。小学校が自宅から遠かったからかもしれません。通学で片道20分は歩くのですが、その間に畑や林、草地、用水路などいろいろあって、学校帰りの遊び相手が虫だったということなんでしょうね。

――ご両親が生き物や自然が好きで、その影響を受けたということは?

 それはないですね。母は虫が大嫌いですし、父はカブトムシ捕りには連れて行ってくれましたけれど、特に昆虫好きではない。アウトドア派でもありません。

 ただ、家には親が買い与えてくれた図鑑の類がたくさんありました。昆虫図鑑や植物図鑑に、乗り物図鑑なども。自然系の図鑑だけでもないのですが、それらを夢中になって見ていましたから、僕の虫好きは図鑑の影響かもしれません。

(クリックで拡大)

この連載の前回の
記事を見る

この連載の次の
記事を見る