少しずつかじらせてあげていた骨は、また次にソルティーにあげることにして、私は倉庫の隅に戻すことにした。

 ロッジに戻ってくると、重い長靴と防寒服を脱いで、それらを地下のストーブからの煙突が貫いている2階の床の周りに並べた。

 煙突の近くの床はとても暖かく、湿った服などがすぐに乾くうえに、次に着るときに暖かい。

 その並べた服などの横に、私も寝転がった。

 まるで韓国のオンドルやサウナ室の床のように、冷えた腰や背中を暖めてくれる。

 そうして、しばらくごろりと寝転がっていると、ガサガサという雑音とともに無線の声が聞こえてきた。

「ヘイ! トーニャいるかい?」

 スティーブの声だった。

 下の階でトーニャが無線に応え、雑音に阻害されないように、ゆっくりと話す2人の声に、私は耳を傾けた。

「この前仕掛けたオオカミの罠を、一度見に行かないかい?」

 スティーブがそう言うと、

「そうね、そろそろ罠にかかっていてもいい頃ね」と、トーニャが応えた。

「じゃあ、明日の午後はどうだい?」

「いいわね。分かったわ!」

 そんなやり取りが聞こえて、私は1階に降りてみると、トーニャは少し興奮気味で、

「さて、何匹かかっているかな~」と、手もみをしながら微笑んでいた。

 もしもオオカミが罠にかかっていたら、スティーブやトーニャたちにとっては、嬉しい臨時収入となる。

 けれど、私は少し違っていた。

「そうだね~、罠にかかっているとイイね」と言いながらも、気持ちがまったく乗らない。

 なぜならば、私は動物の死に向き合うほどの、強い心を持っていないからだ。

この連載の前回の
記事を見る

この連載の次の
記事を見る